家庭内別居をしているとき、ご主人にメールをするのも鬱陶しがられる、ということがあります。実際、今まで何度かそのようなご主人からの反抗的なメールを返信された、という場合もあると思います。そのような場合、連絡を取るのもおっくうになりますよね。せっかく、こちらは丁寧に礼儀を尽くしたのに・・と。ただ、実際の生活は続いていく訳で、ご主人とそんな状態であっても、連絡をしなければいけないことがあります。たとえば子供のことでどうしても、今週中に書類を書いてもらわないといけないとか、生活費のことで解決しなければいけないことがあるなどです。そういう場合、一体、どのような対処をすればいいのでしょうか?どういう形で連絡をとれば、今の事態をいくらかでも改善できるのでしょうか?

そういう時は、冒頭で「私からのメールが届いてもあなたも気分が悪いかもしれません。ただ、どうしても伝えなければいけないことがあります」のような感じで始めていきましょう。相手が受け取った時に抱くであろう感情をこちらが先に伝えることです。そうすることで、相手が嫌な気分になる、鬱陶しいと感じるという感情をいくらか抑えられるのです。こういったテクニックは無数にありますが、スグに使える方法なので、もしあなたが今、家庭内別居をしている中、連絡を取らなければいけないのであれば今回のように対処してみてください。