別居している最中であっても、ご主人とメールだけでは連絡を取り合っている、ということがあります。メールは本当に便利です。ただ、気を付けなければいけないのは、メールで夫婦問題の何もかもを解決してしまおうという発想です。これは危険極まりありません。そもそも会って話をしても、夫婦関係を改善することが難しいのに、さらにメールでそれをやってのけようというのですから、土台無茶な話です。あなたはそういうことを考えてはいけませんし、当然やろうとしてもいけません。

確かに、メールは有効ですし、別居しているのであれば、連絡手段としてそれしかない、という厳しい状況もあります。そして、現実的にある程度、それに頼ってやっていくしかない時もあります。ただ、だとしても、それはメールでできることの限界を知って、使わないといけません。これが分かっていないと、メール文中に「もう一度、夫婦としてやり直したい」とか、そういう内容を記載してしまいます。それは、厳しいようですが、安易にメールで達成できることではないです。もっとメールを使う目的を絞って活用するようにしてください。過剰にこのツールに頼っては、喧嘩の元、誤解の元になりやすいので注意が必要です。