対立しているご主人との関係を改善していくために、信頼を築くのに役立つ行動をとっていく必要があります。しかし、そういった行動をとっても、ご主人からに反発されることは多々あることです。特に、ご主人が離婚の要求をしていたり、別居の要求をしているような感情的になっている場合は厳しいものがあります。このような場合、あなたはどう対応すれば良いのでしょうか?

たとえば、新しい信頼を築くための行動を加えなくても、今まで自分の言動に嫌味なものが多かった、ということがあれば、それをストップさせる、ということから始めていけばかまいません。プラスの行動がとれになくても、マイナスの行動を減らせれば、それは信頼を築く上で「善」になる行動を加えることと、実質的に同じだからです。それに、プラスの行動を増やすことよりも、マイナスの行動を減らす方が、ずっとスムーズに事を始めることができるものです。まずはマイナスの行動を減らしていきましょう。そして、もう目立って減らすべきことがなくなったら、プラスの行動を増やしていこう。そう考えても良いのです。もし、あなたがご主人に対して、今できることが何もないのであれば、マイナスの行動をなくす努力をしていきましょう。