別居している最中に、ご主人とメールのやり取りをすることはよくあります。しかし、そのメールの内容がいつも離婚要求ばかりということになると、どうも連絡を取りたくないという気持ちになってしまいます。毎回、それだとウンザリしてしまいますよね。

この場合、どのように対応すればよいでしょうか?これは仕方がないので、通常、連絡を断ちます。もちろん、安易に断っていいわけではありません。ご主人とメールのやり取りをしていたら、精神的な健康が著しく悪くなる、という場合、一時的な回避策としてそれを行っていきます。たとえば、こちらのメールの内容を改善することによって、離婚要求を防ぐことができるのであればそうしていきます。なぜなら、別居しているときは、ただでさえ連絡が取れないのですから、連絡手段は確保しておきたいのです。本来、連絡をなくしてしまうことは良いことではありません。

そういったことを踏まえて、それでも連絡を断つ方が良いと判断した場合は、あえてメールを返信しないということを行います。ただ、それを実行する場合においても突然やるのではなく、きちんと連絡を断ちますという宣言をご主人に伝えた後で実行に移すようにしてください。ご主人が不誠実な対応をしているからと言って、自分がそうしていいわけではないからです。また、こうすることによって、次回、自分の精神的健康が回復したときに、連絡を再び取りやすくなるという意味もあります。