別居中のご主人とのメールのやり取りでは、感情的な言い争いにエスカレートしやすいものです。特にメールに頼ったコミュニケーションですから、誤解が誤解を生み、大きな対立に発展しかねません。

じゃあ、メールは使わないほうがいいのか?というと、そうもいっていられないのが実情です。なぜなら、別居中は、基本的になかなか直接会うことができません。ですから、メールでの対話がなくなれば、現実的にほとんど連絡も取り合うことがなくなる、ということに陥ってしまいます。

これでは、夫婦関係を修復するどころか、ますます関係も廃れる一方です。連絡を取らないで生活していると、あなたがそうなってしまうのと同様に、ご主人もご主人だけの生活が始まってしまうのです。

ですから、メールを無くすということは適切ではありません。感情的な対立にエスカレートしないように、注意を払いながらやり取りしていく必要があるのです。そのことを踏まえて、最初にできる事の一つは、相手の主張に対して、すぐに「でも」「しかし」「そんなことはない」のように、反論で始めないということです。これをしていると、相手からさらに強固な主張を言われ、やがて感情的な対立を招く結果になっていきます。