例えば、ご主人が別居中、勝手に生活費の援助を打ち切ってくる。このようなことはよく起こります。こういった場合、きちんと「これまで通り生活費を出してほしい」ということは伝えていくようにしましょう。

もちろん、現実的にそれを伝えても、やはり変わらず、生活費を出してくれないということはあります。相手が強引にやってくることですので。ただ、現時点では、こちらは、その点を問題視しているということは伝えておく必要があります。ご主人にしっかり、こちらの姿勢を伝えておくことが、将来、問題を解決していくときに大いに役立つからです。

最悪な対応は、生活費の援助がなくなった時点では、夫婦関係が壊れることを恐れて何も言わず、後になって生活費がどうこう・・と伝えることです。これは、ご主人との関係がどう?というよりは、自分の一貫性がない行動を疑われてしまい、自分の信頼を目減りさせてしまいます。

そして、信頼が目減りする、ということは、自分の発言によって、ご主人に及ぼす影響力がなくなっていくということです。これは問題解決力がなくなっていくということですから、これだけは避けたいのです。あなたも対応方法を間違えないようにしてください。