別居から夫婦関係がさらに悪化し、どうしようもなくなったとき、最終的には法定手続きに則って、弁護士などに対応をお願いしなければいけない時は確かに存在しています。また、調停や裁判などに頼って、問題の対処をしていかなければいけない時も、確かに存在します。

しかし、あなたがご主人との仲直りを希望しているならば、こういった対処方法は最大限、避けなければいけません。仮に法会的手続きに基づいて、問題を解決したかのように思える時でも、結局のところ、ご主人との一対一の関係が改善出来る訳ではないので、また問題が再発するだけです。あるいは、法的手段をとって、一時的に問題解決しても、次回はさらにより隠蔽された形で、問題が継続するだけです。

さらに、悪い場合は、法的手段を取ったところで、夫婦関係が実質的に破たんしてしまい、再起がより困難になってしまいます。自分で自分の首を絞めることになってしまうのです。これを読んでいるあなたには、「浮気したから即、法的手段だ・・」などのような間違った対応をとらないように注意してください。そういった方法に頼らなくても、もっと建設的な解決策は、必ず残されているはずです。