「もう離婚だ」、「こんな結婚生活は早く終わりにしたい」、「離婚を前提として別居をしたい」など、いろいろご主人から乱暴に言われことがあります。多くの人が、ご主人からこのような発言を受けると、もう夫婦関係を修復していくことは不可能だと考えてしまいます。ご主人の考えはもう金輪際、変わらないのだと思ってしまうのです。

しかし、実際にはそこまで悲観することはありません。というのも、夫婦問題を抱えている場合、たいていは上記のように言われることが多々ありますが、そこから関係修復していく人もたくさんいるからです。厳しいことをご主人から言われたから、というだけで「もう離婚以外の選択肢はないのだ」などと考える必要はないのです。

そもそも、ご主人が「もう離婚以外は考えられない」ということを言っていても、それは所詮、現時点では「離婚以外の選択肢は考えられない」と言っているにすぎません。将来もずっとこの選択肢しか考えられない、ということではないのです。そして、その変わるチャンスはこれからいくらでも生まれてきます。ですから、ご主人の発言は確かに傷つきくかもしれませんが、それでもあきらめる必要はないのです。