例えば夫が浮気していると仮定します。そのことをご主人に指摘してやめるように言っても、ご主人が「じゃあ、離婚する」などと、問題行動を改善するどころか離婚要求を代わりにしてくるということがあります。

浮気について触れれば、脅してくる、ということですよね。これは、夫婦問題を解決したいけれど、関係性が弱いために、前に進めないという状態になっています。

関係とは、ここではご主人との一対一の関係のことです。この場合、確かに女性問題は気にかかると思いますが、現状のままだと、問題を解決していくに足る関係性が不足しているため、まずは、夫婦関係の信頼を築くことに焦点を合わせていった方が適切です。

そもそも浮気問題であれ、何であれ、夫婦間の問題を改善していくには、その問題を改善していくだけの十分な信頼の土台が必要なのです。信頼が低ければ、些細な問題さえ解決することができません。

信頼を築くことと、夫婦問題を解決することは常にセットなのです。