あなたはもう、モーレツな離婚要求を受ける、ということを経験しましたか?そうです、ご主人が一時的に、モーレツに興奮して離婚要求をしてくる、という時期です。とにかく、判を押せということしか要求しないのです。こちらが何を提案しても、すべて却下。話を聴きたいと言っても、「話すことはない」と拒絶。終始こういった状況ですから、辛いものがあります。

ご主人がこういう状態にあると、こちらも気分は滅入ります。ただ、たいていはしばらくすると、少し落ち着いてモーレツな要求は減少してきます。興奮状態で、まっとうなやり取りができるような状態ではないと判断したら、とにかく毅然と話をすることを断っていきましょう。

普段、落ち着いているときは、ご主人との接点を増やすことを考えますが、このような緊急時は、どちらかというと、接することをこちらから止めていく必要があるものです。

また、この時期にやってはいけないこととしては、何らかの点で譲歩する、ということです。これをしてしまうと、ご主人は「この方法でうまくいく」と学習してしまい、さらにモーレツな離婚要求を強めてきます。第゛信濃はこの強引なやり方は通用しないということを示すことですから、毅然と対応してください。