例えば、自分がお酒を飲んでご主人に対して暴言を吐いてしまう、と言った失敗をしてしまったことはありませんか?誰にでも失敗はあるものなので、もう済んでしまったことは仕方がありません。あまり過度にいつまでもくよくよしていても、また失敗を繰り返してしまうだけになるので、反省をしたら、また、前を向いてやっていかなければいけません。

ただ、ご主人に対しては早めに対応しなければいけません。自分の失敗によって、相手には迷惑をかけてしまいましたし、傷つけてしまったことも事実なので、できる限りその点については早めの謝罪を行っていきましょう。あまり謝罪までの時間が空きすぎると、ご主人はなかなか謝罪してこないことについて、悪意に解釈してしまうかもしれないですよね。謝罪を渋っているのではないか?と思われたら、その後謝罪しても、「誠意がない」などと、勝手に思われてしまう可能性だってあるのです。

このように、夫婦関係において、謝罪はできる限り早く行う、ということが大事です。もし、仮に今、別居していて、なかなかご主人と顔を合わせることがなかったとしても、まずは一旦、メールでもいいので、その謝罪の気持ちは真っ先に伝えるようにしましょう。早めの謝罪は、夫婦喧嘩の過剰なエスカレートも抑制してくれます。