別居中に、ご主人に手紙やメールを送ることがあります。その時によくやってしまう失敗の一つは、とにかく「わかりにくい」というものです。書き手本位でいろいろなメッセージが展開されているのですが、それが読み手に取っても理解しやすい手紙とは限りません。理解しやすいというよりは、むしろ、読み手にとっては難解な文章になってしまっていることの方が圧倒的に多いのです。

そして、たいてい、わかりくい手紙というのは、相手も投げ出してしまいます。対立しているときに、相手のメールや手紙を必死で考えて読んでくれる、ということはまずありません。少し読んで、意味不明なら、バッサリ切り捨てられることの方が多いものです。だからこそ、手紙とメールの大切なルールは「わかりやすく書く」ということにつきます。「難しいこと書いているな」、「言っていることが抽象的すぎるな」と思われたら、もうそのあとの文章を最後まで読んでくれる、という可能性もほぼなくなってしまいます。

これはとてもシンプルな話ではあるのですが、実際にできる人は、かなり少ないことなんですよね。あなたも気を付けてください。その他、さまざまなメールの記述に関して、ポイントを知りたければ、このページの夫婦関係修復ニュースレターに登録してください。