夫から離婚の要求があった初期のころは、短期的に急激に離婚の要求が来ることもあります。ご主人の頭の中は離婚したいという気持ちでいっぱいで、その勢いに任せて、離婚の話が来るのです。この時に大事なのは、のペースに巻き込まれないように毅然と対応していくことです。

もし、ご主人がまた離婚の話を出して来たら、話は聞くようにして離婚に対しては同意できないことを伝えてください。例えば、「離婚したい気持ちになっているのは良くわかったけれど、そんなに簡単に決められない。これからお互いのためにどうすべきか一緒に考えていこう」ということを伝えていきましょう。

また、「話自体を聞かない」という対応はやめておいてください。それだと、今後、あなたが話をしたいと、ご主人に伝えたときに同じく拒絶されるようになります。例外はありますが、基本的には話があれば極力、聞く機会は作っていきましょう。