別居が始まると、なかなかご主人と会う機会が取れません。しかし、ご主人もずっと別居のまま平行線を続ける、と言うわけにもいかないので、時間が経過してくると「話し合い」がもたれることも多くなります。

ただ、この話し合いですが、仮にご主人が「離婚を前提にしている話し合いだ」という認識をしているのであれば注意が必要です。言い方はいろいろですが、例えば、「離婚の話しかしない」とか「離婚後の話をしよう(つまり財産分与等のこと)」という陽に伝えてきたときはそうです。また、具体的にそう伝えていなくても、実際に話し合いをしてみたら「離婚後の話しか本人がする気がない」という時もあります。

このようなときは、どう対処していけば良いのでしょうか?実は、この対処方法はとてもシンプルで、「話し合いをしない、という話し合いをする」ということが大事です。…続きは、このページの「夫婦関係修復ユースレター」へ無料登録してください。