こんにちは。
夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

今現在、別居中が長くなってしまっているという方。
どのタイミングで再同居を考えていますか?

私の友人の話です。

彼女は別居生活8年目。

別居を始めた当時、まだ幼稚園に通っていた上のお子さんが今、中学1年生です。
未就園児だった下のお子さんが今、 4年生になりました。

別居とはいっても、ご主人や義理のご両親が住む家から歩いて5分くらいのところに
子供たちと彼女は暮らしているので、子供たちはお父さんやお母さんの家を行ったり来たり。

彼女が仕事で家を空けるときには子供たちはお父さんの暮らす家のほうに滞在したり泊まったり。
そのおかげで彼女も仕事と家事を両立できています。

彼女は「もう同居するなんて考えられない」と言っています。
かといって離婚に踏み切ることもできないようです。

子供と一緒に気楽に暮らせること。

自分の用事や仕事が入った時はご主人や義理のご両親が子供たちをみてくれること。
彼女にとってある意味とても便利で不利益が一切なく落ち着いてしまったというのです。

ご主人とは日常生活で必要な連絡はメールや電話でとりあうけれど、
再同居についての話し合いや今後についての話し合いはもう何年もしなくなってしまったと言っていました。

きっと友人も別居を始めたばかりのころは
こんなに長くなると思っていなかったのでしょう。

少し離れてみてお互いに冷静さを取り戻して、それから今後のことを話し合う。
もとに戻れるように努力をしようと考えていたはずです。

また、 子供たちの小学校入学や中学校入学のタイミングで
もう一度しっかり話し合うことはできたはずです。

別居解消のタイミングは何度かあったはずなんです。

それが別居生活が長くなり過ぎると別居こそが当たり前になってしまい
別居解消について話し合うこと、夫婦間のトラブルについて
話し合いのテーブルにつくことすらしなくなってしまいます。

色々な夫婦の在り方、形はあると思います。

しかし別居を解消したい、昔のような夫婦仲を取り戻したいと思っていらっしゃるなら、
お子さんの進学のタイミングや、
お子さんがいらっしゃらないご夫婦であれば別居半年、
1年という節目にご主人と向き合う機会を意識的に持つようにしてはどうでしょうか?