こんにちは。
夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

先日ぎっくり腰をやってしまいました。
人生で3度目。

ぎっくり腰ってやったことありますか?
本当にひどい痛みで全く動けなくなってしまうんです。

今回は今までで一番ひどく4日間は完全に寝たきり状態。
10日間ほど、腰をくの字に曲げてそろりそろりと動くという状態でした。

寝たきりになっていた4日間は
歩いたり立ったりはもちろん、座った寝返りさえももできない状態です。

この間はお風呂にも入らず、トイレにも行けなくなってしまい、
介護用のオムツを使用していました。

着替えもできないので下半身はオムツに子供がプールの着替えの時に使用するような
ゴムの入ったタオルを巻いていたというものでした。

きっかけはプリンターを持ち上げたこと。ほんの些細なことです。

ただ、ずっと私の腰はギリギリの状態でいて、
小さなきっかけで悲鳴を上げてしまったのだと思います。

実は10年前、初めて妊娠をした時にヘルニアと坐骨神経痛を患いました。

痛みが出ると牽引したり、マッサージをしてごまかしてきました。
痛みが消えるとついそれで良しとしてしまって姿勢を気にしなくなったり、無理をしてしまったり。

今回は病院まで行くこともできず、
出張でカイロの先生に何度かきていただきました。

骨がゆがんでいること、骨盤がずれていること。
いかに根本的治療が大切なのかを教えていただきました。

動けるようなり、ほぼ日常生活を送ることができるようになった今、
カイロの先生のところで骨を正しい位置に戻すよう取り組んでします。

今までのツケがあるので時間もお金も相当かかってしまいますが、
それでもこれからの人生を考えた時、今、気づけてよかったです。

今起こっている状態や今の私の現状は、
過去の自分の姿勢の悪さ、疲れの蓄積、気持ちの持ち方が現れているものです。

今、別居されている方、仮面夫婦のような冷たい関係になってしまっているなら、
それは、結婚してからこれまでのお二人の過去が現れているのかもしれません。

何度もその関係を変えるチャンスはあったはずです。
2人の一日一日の少しずつの蓄積が今の状態です。

明日劇的にラブラブになる、
何の問題もない愛にあふれたお二人になるというのは難しいでしょう。

しかし、仮に別居になって期間も長い…
と言うようなことがあったとしても、まだ間に合います。

 

もしご主人との関係をやりなおしたい、別居を解消していきたいと思うのなら
未来のお二人を変えるために、今日から少しずつ新しいお二人を蓄積していきましょう。

 

例えば、次の言葉をメールで伝えることから始めて見るのも良いと思います。

あいさつ。
感謝を伝える。
労う。
尊敬する。
愛する。

きっと続けられます。