別居中は女性関係

とりわけ別居していると、ご主人の女性関係が気になってしまいます。たまに会ったときに、Lineなどでコソコソ連絡をされると気分も悪くなってしまいますよね。別居しているのを良いことに女性を家に入れているのではないか?など、様々な憶測を抱いてしまいます。

そこで今回は、別居している時の女性が気に掛かる場合の対処方法について解説します。

率直に尋ねる方法

同居しているときであれば、不審な行動をしているご主人の変化もすぐに気づくことが出来ます。しかし、別居していると、日頃は会えないため、そういった変化にも気づきにくいものです。

このように、事実関係が不明瞭な場合、決めつけることも出来ないので、ここは「絶対に浮気なのだ」という具合に、即断はしないようにしていきましょう。どうしてもご主人の様子が不審なのであれば、一度、「最近、何か私に隠れて連絡を取っている様子が見られるんだけど、女性関係があるのではないかと心配している」と伝えてもかまいません。

メッセージのポイント

「女性関係がある」と断言するのは適切ではないですが、自分が女性関係を心配している・・ということは事実なので、自分の感じていることについては、正直に伝えてもかまいません。浮気している、ということを断定して、話を進めれば、反発も大きくなってしまいます。しかし、「心配している」と伝える分については、自分の気持ちとしてそう感じていると言うことですから、率直に伝える事ができるのです。

ただ、そうはいっても、「疑うのか!」など、多少の反発は、どう伝えたところで避けられません。なので、「心配している」ということを伝えるとしても、慎重に伝え、しかも、何度も繰り返さないようにしていきましょう。

一発では解決しないけど

「では、そのように心配していることを伝えても、意味があるのか?」など、疑問に思うこともあると思いますが、この発言、一発だけで問題を解決しようとは思わないようにしましょう。問題を解決するのは、いくつかの対応策を組み合わせていく必要があります。たった1つのアクションで何かの結果を得ると言うことは、現実的ではありません。ですから、一連の流れの中の1つの行動として「心配していると」いうことを伝える、ということを実践してみて下さい。

ポイント解説
では、この続きは、こちらの夫婦関係修復ニュースレターをご覧下さい。