夫婦喧嘩でカチン

夫婦喧嘩をすると、ご主人の発言に対して、ついカッときて文句の一つも言ってやりたいという気持ちにもなってしまいます。場合によっては、激しい罵り合いになってしまうこともあるかもしれません。

ただ、夫婦喧嘩の勢いで、そのまま別居になりそうなときは注意が必要です。「もう知らない!」と自宅を出てしまうと、後々自分の首をしめることになるかも知れません。

別居になると?

もし、仮に喧嘩してそのまま別居に入ることになり、音信不通になってしまうと、お互いずっと平行線が続くだけとなってしまいます。自分が出ていったという場合はともかく、相手が家を出てしまったという場合、相手がどこに寝泊まりしているのかなども分からず不安になります。

しかも、メール/Lineの受信拒否を設定され、連絡が取れないままある日、裁判所から通知がくるなどということにもなり兼ねません。このようなことがあると、夫婦関係を修復していくという点でも、しんどい展開です。

適切な対応手順

夫婦喧嘩の勢いで、別居になってしまうというのは、できればもっとも避けたい形の1つ。相手と音信不通になれば、夫婦関係の修復もしんどい展開になります。夫婦喧嘩になると頭にくることはありますが、そこは何とか一旦セーブしたいところです。

今、相手と議論になっていることも、明日以降で再度、話をするようにするなど日を改めることを考えてみてください。

また、仮に既にあなたが、夫婦喧嘩から別居になり、連絡が取れなくなっているのであれば、今後の対応はかなり慎重に進めていきましょう。焦って周囲の人に連絡を取りまくったり、警察に連絡をしたり…などのことをすれば、相手にとって、さらに自宅に帰ってきにくいという状況をつくることになるかも知れません。

「大事になってしまった」と相手が感じれば、もう結婚生活にサジを投げて「もう離婚で良い」とも言いかねないですよね。なので連絡が取れなくなってしまうと不安も大きいですが、こうなってしまった以上は、慎重に1つずつの対応を進めるようにしてみてください。

具体的に何をすれば?と思うかも知れないので簡単に概略をお伝えしておくと…

  • 1.まずは連絡手段として残っているものがないか確認する
  • 2.相手の実家あるいは会社などへの連絡は可能か検討する
  • 3.1日1回までの連絡頻度にするなど、制限を付けて連絡を取り始める

まずはこう言った対応をとることを考えてみてください。3については「夫が出て行ってしまった!」と焦って、何通ものメール/Lineを送り、夫との関係が後退するということが多々あるからです。必ず、1日の連絡頻度に制限を設けて、それ以上のことは控えるようにしていきましょう。

関連記事

さて、今回の『夫婦喧嘩の勢いで、音信不通?』についての記事はどうでしたか?

夫婦喧嘩から夫が家を出る。そして、連絡が取れなくなったら不安も大きいですよね。ただ、別居になった場合は特にそうですが、連絡のとり方や頻度など、その方法にはとても注意を払う必要があります。

顔を合せて話をすることが難しい分、連絡の取り方に注意を払う必要があります。適切に連絡を取れば、別居の解消にも進めていけますが、方法が悪いと益々状況を悪くして離婚問題などにも発展しかねません。

そこで、連絡の取り方についての関連記事をご紹介します。

連絡頻度についてはどうする?

どれくらいの頻度で連絡?
「とりあえず私の場合は、連絡は取れますよ」という人からよくある相談の1つはどれくらいの頻度で連絡をすれば良いのか?というものです。そこで、連絡の頻度についいて下記のページに詳しく書いてありますので、参考にしてください。

参考ページ:別居中に、どれくらい連絡を取らない?