ここでは、別居を解消したいと思っている人を対象に、その方法論をまとめて紹介します。

また、別居を解消するに向けて、誤解も多いと思いますのでその点についてまずはキレイに払拭しておきたいと思います。そして、あなたの不安を解消した上で、別居解消に役立つ方法を実践してみてください。

ご相談者様ご相談者様

私も今、夫と別居しています。これから解消に向けて取り組みたいと思うので大いに参考にしたいと思います。

別居解消についての誤解

自分の場合、別居を解消出来ないのではないか?と心配している人もいると思います。そう言う心配があると、なかなか問題解決に向けての行動をとることもできないですよね。そこで、まずはその誤解を解いておきたいと思います。

別居したら終わり

別居しているとつい「別居になったんだから、夫婦関係はもう終わりだ」のように過度に悲観してしまう人がいます。しかし、別居してしまうっても、そこから修復出来る人は実際に多くおり、現実は全く異なります。

率直に言えば、別居しているかどうか?ということよりも、あくまでも相手との関係性によって修復できるかどうか?は決まってきます。ですので、あまり物理的距離に振り回されないようにしていきましょう。

別居期間が長い

別居の解消が出来ないと思っている人の中で、最も誤解が多いのがこの「期間の長さ」です。あなたも、もう3年別居しているから無理ではないか?10年以上別居しているからもう無理ではないか?などの心配があるかも知れません。
長期間の別居
しかし、夫婦やりなおし相談相談室の調べでは、別居期間は必ずしも、別居を解消出来ることとの関連性はありませんでした。そのため、期間の長さはそこまで気にする要素ではありません。

メール/Lineのみしか連絡出来ない

別居していると、メール/Lineのみでしか連絡が取れないということは多々あります。このように連絡手段が少ないので自分の場合はもう無理じゃないかとも思ってしまいます。もちろん、ずっとこの先も連絡手段がメール/Lineのみと言うのは辛いものがありますが、何か1つでも連絡が取れるのであれば、そこから同居に向けて進めていくことは十分可能です。
連絡手段が少ない
今現在、連絡手段が少なくても、メッセージ内容などに気を付ければ、そこから広げていくよう変えていく事も出来るからです。

顔を合せても喧嘩ばかり

別居している相手と、久しぶりに再開しても喧嘩ばかり。
夫婦喧嘩ばかり
このようなことがあると、同居に戻しても上手くやっていけないのではないか?と心配になりますよね。ただ、それは夫婦関係を変えていけば問題ありません。別居しているか?同居しているか?という問題ではなく、夫婦関係を変えなければいけないというサインだと思って取り組んでみてください。

別居解消に必須の方法

ここでは、別居の解消に向けて役立つ方法をまとめて紹介します。比較的、共通して多くの人に役立つ方法のみを取り上げていますので、きっとあなたにも参考になる事が多いと思います。詳細は関連記事を参照してください。

1.メンタルを整える

別居を解消したいといっても、通常一朝一夕にそれを実現することはできません。それなりに時間がかかることもあります。その間、自分の精神的な健康を崩してしまって「もういいや」と投げやりになってしまっては、事態は頓挫してしまいます。
メンタルが与える影響
そこで、まずは自分のメンタルを整えるということが重要です。別居を解消する上では、最も大切なスキルの1つになります。

また、別居している場合、意外にメンタルは同居している場合と比較して、整えやすい面もあります。同居していると毎日のように暴言を言われるということもありますが、それがないからです。ただ、環境は人それぞれなので一概には言えませんが。
関連記事:別居した時のストレス

2.連絡をとらない期間

夫婦関係が悪い状態だと、相手と連絡を取りたくないと言うこともあると思います。しかし、ずっと連絡を取らなければ、夫婦関係が修復することも、別居が解消出来ることもありません。

そこでまずは、別居中の連絡方法について、何が間違っていて、何が正しいのか?を知っておく必要があります。

関連記事:別居中に、どれくらい連絡を取らない?

3.連絡メッセージの伝え方

別居はしていても、相手と連絡が取れるという場合は、次にメッセージ内容に注意を払ってみてください。このメッセージ内容が的確であれば、連絡頻度も自然に増えていきますし、相手の反応も変わっていくからです。
連絡で反応が変わる
逆にメッセージ内容が不適切だと、相手の反応がなくなったり、離婚問題に発展したりするので注意していきましょう。また、メッセージを変えるときは、頻度に注目するよりも、内容を変えることに気を配ってみてください。頻度はどちらかというと、内容を変えた結果として頻度が増えていくというのが望ましいです。

4.話し合いについて

別居を解消するためには、いずれ話し合いをするということが必要になることも多々あります。ただし、ぶっつけ本番で話し合いに臨んだのでは、逆に夫婦関係が後退するなどの事態にも発展してしまいます。

つまり、話し合いに臨むまでにはしっかりした準備も必要です。どう話し合えば効果的なのか?そのノウハウを事前に掴んでおいてください。
話し合い準備

5.活用できる心理学

別居を解消するためには、心理学の知識が役立つことが非常に多いです。相手の心を少しでも知ることで、自分が的確に行動出来る事につながるからです。
心理学の活用
ただ、心理学の知識と言っても様々です。心理学の何を知れば良いのか?と迷ってしまいます。そこで、別居解消を考える場合、もっともとっつきやすいことの1つが初頭効果です。初頭効果とは、第一印象がその後の結果に影響を強く与えますよ…というものです。別居をしている場合は、相手と久しぶりに会うということもあると思います。だからこそ、この初頭効果を大切にしてください。

関連記事:この心理学を使って「別居解消」を実現

まとめ

ここでは、別居解消に向けての誤解と、役立つ方法について紹介してきました。別居について誤解していることがあると、つい「自分はもう無理なのではないか?」と過度に心配してしまいますが、まずはそれを払拭してください。

そして、自分の場合も、十分、別居を解消していくことができるのだと知ってください。不安を払拭することができたら、少しずつ自分のできることを行動に移していけば大丈夫です。別居していたらもう夫婦関係は修復出来ないと思ってしまいがちですが、究極的には別居しているという物理的距離はあまり問題にならないことが多いものです。あくまでも相手との心理的距離を縮めていくことに専念してみてください。

よくあるご質問

ここでは別居解消について、よくある質問をQ&A形式でお答えしていきます。

別居先の住所が分からない

Question

夫が別居先の住所を教えてくれません。このような場合でも、別居を解消していくことは可能でしょうか?メール/Lineなどでは、連絡する事が出来るのですが。

Answer

基本的には連絡手段が1つ以上あれば十分可能性があります。もちろん、たった1つだけだと心許ないので、これからその連絡手段を確保していくというのは1つの小目標になると思います。ですが、現時点で連絡手段が少ないことを過度に不安に思う必要はないと思います。例えば、今はメール/Lineしか連絡が取れないと言うことがあったとしても、メッセージ内容を工夫していくこととで、それが「住所を知らせてくれて手紙を送れるようになった」というように変化したり「時々自宅にも戻ってくるようになった」などのこともあります。

このように今の連絡手段が少なくても、対応を変えていくことで次第にそれを広げていくことができます。

話し合い中の態度が悪い

Question

別居している夫と、時々は顔を合せるのですが非常に機嫌が悪いです。このような場合でも、別居を解消するための話し合いはできるでしょうか?

Answer

相手の機嫌が悪いと、話し合いをしても暴言や批判が多くなるので大変ですよね。ただ、最大限、相手の批判・非難を防ぐ方法というのもあります。夫婦やりなおし相談室では、この方法を大きく分けて3つとっています。話し合いの事前にやるべきことが1つ。話し合いの冒頭でやることが1つ。そして、最後が話し合いの途中でやるべきことが1つです。

これらの方法3つを必要に応じて活用していくことで、相手からの批判や暴言というのは、大分、防ぐことができます。無料のニュースレターなどでも詳しく公開していますので、そちらも参考にしてください。

別居解消の条件

Question

実は私はの方から別居を申し出て、現在、夫が実家に戻っています。原因としては夫の不倫です。そろそろ別居の解消をしても良いかなとは思っているのですが、何か条件のような物を突きつけた方が良いでしょうか?

Answer

別居解消の条件というのは、例えば「二度と不倫をしない」などのことかな?と思います。もちろん、別居を解消する際にそのような話題になれば、自分の想いをご主人に伝えることは問題ないと思います。ただ、あまり契約書のような物を出して、サインして…みたいなことは控えた方が良いと思います。誓約書を作り始めると「書いてあるから守る。書いてないことは守らない」のようになり、夫婦関係が取引的な形になっていきます。

短期的に成果があっても、中長期的にはそのような対応はプラスにならないと思います。