別居中は50%以上低下?

別居して、夫婦関係が芳しくないときは、ちょっとしたこちらの発言を、夫に悪く解釈されてしまう…ということが、よく起こります。「こっちはそんなつもりで言ったわけではないのに…」と思っても、夫がプリプリ機嫌を損ねてしまうので、疲れますよね。

単純に、別居してしまったら、夫婦間のコミュニケーションの質は50%以上低下すると考えていおきましょう。普段、顔を合せることが少なくなっている分、疑心暗鬼になりやすく、こちらのメッセージの半分以上は、誤解されたり、悪く受けとられてしまうということです。

そこで、今回は別居中に気をつけたいコミュニケーションの基本事項についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに、先日夫とメール/Lineで連絡したときに、メッセージ内容を悪く受け取られてしまい本当に困りました。どう対応すれば良いでしょうか?

テレビ電話?それとも・・

別居中は、顔を合せることが少ないので、コミュニケーションは、どうしても電話などに頼ることになります。近年はテレビ電話なども簡単に利用することが出来るようになりました。

連絡手段としては、大雑把に言えば下記のようなものに分類できます。

  • 1.顔を見ながらのネット電話
  • 2.声だけの電話(いわゆる普通の電話)
  • 3.メール/Line

この中で、どういう連絡手段を使うのが効果的でしょうか?

相手との関係が悪い場合は、基本的には「3.メール/Line」を軸に連絡を取ることが無難です。

事実、ヴァージニア大学Stephen Worchel氏の実験によると最もメッセージに耳を傾けてくれたのは、文字情報だったと実証されているからです。


出典:WieyOnlineLibrary

ただし、これは相手に嫌われているか?好かれているか?ということによって結果は異なります。実験の詳細はこうです。好かれている人と(あるニュースキャスター)と、嫌われている人(ある政治家)にそれぞれメッセージを発するよう頼みます。

メッセージ内容は同じで、「河川の汚染を防ぐためには住民が責任をとるべきだ」という主張をしてもらいます。そして、テレビ(顔が見えて直接、声でメッセージが送れる)、ラジオ(顔が見えないで、声だけが届く)、文章(顔も声も聞えない)という3つの連絡手段でメッセージを伝えます。

その後、そのメッセージを受け取った人が「河川の汚染を防ぐためには住民が責任をとるべきだ」という主張に対して、どれだけ賛同ししてくれるのか?ということを測定しました。すると結果は下記の通りです。


出典:『Is the Medium the Message?』のデータを元に作成

この実験から推測できることは、相手に嫌われてしまっている場合、テレビ電話を使うよりは、極力、メール/Lineなどを中心に文字情報のやりとりを軸にした方が良いということです。

そして、関係性が改善され始めたら、徐々に電話、テレビ電話という形にステップアップするのが妥当です。

コミュニケーションで特に注意したい点

先ほど、嫌われている場合、まずはメール/Lineから始めるのが妥当ということをお伝えしました。

しかし、メール/Lineなどの文字情報でのやりとりには、注意も必要です。

というのも、メール/Lineでのやりとりというのは、やはり誤解を生みやすいのも事実だからです。文字情報だけだと、どうしても細かいニュアンスが伝わらないですよね?

別居中のコミュニケーションの手段として、メール/Lineや電話に頼ることは仕方がないですが、それでもその力を過信しすぎないように注意してください。

だからこそ、別居中、メール/Lineを書くときにはスグに送るのではなく、最低限、一度、内容を確認してから送信するようにしたいものです。
ポイントのまとめ

メール/Lineでの具体的なチェック法

では、具体的に別居中、夫にメール/Lineを送る際には、どのような点をチェックすれば良いのでしょうか?

メール/Lineの文面を確認する際には、まず「もしかしたら、この部分を悪く受けとられるかも知れない」ということを、常に考えて読み直しましょう。

「悪く解釈すれば、この文章は○○とも受けとられるかな?」、「この単語は、もしかしたらこのように悪い意味で受けとられるのではないだろうか?」ということを意識しながら、読み直すようにしていききます。

メール/Lineのチェック方法
逆に「これくらい大丈夫だろう、分かってくれるだろう」というのは、非常に危険です。繰り返しますが、別居中は、こちらのメッセージをいつも以上に悪く解釈されてしまうということを絶対に忘れないようにしてください。

コミュニケーションは対面が基本

別居中であっても、たまに夫と会うことができる、という人もいると思います。

そのような環境にある場合はコミュニケーションは、極力、「重要な話しは対面でする」を基本にしましょう。

メール/Lineで会話をするのは、最小限に抑えておくことがポイントです。例えば「夫婦問題の突っ込んだ話し」をメール/Lineでするのは大きな間違いです。

これをするとなかなか上手くいきません。

対面で会話しても解決が難しい問題を、メール/Lineでやればさらに状況を悪化させます。

対面の会話のメリットは「誤解を与えるようなことがあってもその場でスグに訂正できる」という点です。ここはメール/Lineとは全く違いますよね。

対面で会話をしているなら、こちらの伝えたことが、ご主人に誤解されて悪く受け取られてしまっても、即座にその場で、謝罪ができたり、訂正ができたりします。

しかし、メール/Lineは、相手がいつ返答するか分からないし、場合によっては悪く受けとったまま返答されないと言うこともあります。ですから、メール/Lineでの会話で誤解を相手に与えてしまうと、その傷口はどんどん広がっていき夫婦関係の修復もおぼつかなくなっていきます。

まとめ

相手から嫌われているという場合、別居後は、最初、メール/Lineでやりとりするのが妥当です。そして、関係性が向上してきたら徐々に、電話、テレビ電話などのようにステップアップさせていくのが良いと思います。
図解「連絡手段別のコミュニケーション」
また、別居はしているものの時々、顔を合せて話をすることができるという場合、その対面でコミュニケーションを軸にしてみてください。この場合、メール/Lineや電話などは、対面でのコミュニケーションの補足という位置づけに変わっていきます。

別居中のさらに詳しい対応方法については、下記のニュースレターを無料購読してお確かめください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

今回の『別居中のコミュニケーションにおける注意事項』についての記事はどうでしたか?

別居中はメール/Lineなどでコミュニケーションをとることが多いですが、その際は、今回の注意事項を守って進めてください。また、対面が可能な場合は、それを軸に進めていきましょう。

さて、別居している際には、コミュニケーション上、様々な注意点があります。なので下記の関連記事にも目を通しておいてくださいね。

別居中の話し合い

話し合い
別居中、夫と会話をしていると「今後の事について話し合いをしよう」と言われることもあると思います。別居中の話し合いではどんなところに気を付けて、進めていけば良いのか?そのことについて2つのコツをお伝えします。

参考ページ:別居中の話し合いを上手くまとめる2つのコツ

メール/Lineの返答がない

メール/Lineでの会話
別居中、相手とコミュニケーションをとるには、多くの場合、メール/Lineなどを利用することが多いのではないでしょうか?しかし、その返答が返ってこないと言うことがあると 、もう復縁は難しいのではないか…とも思ってしまいますよね。

そこで、メール/Lineの返答がない場合の原因と対策について下記の記事でお伝えします。

参考ページ:別居中の夫からLineの返答がない