夫婦問題が生じて話し合いをする必要があるとき、スムーズに行なえていますか?

話し合いにおけるトラブルの1つは「夫が話し合いを拒絶して、出来ない」という事態です。

例えば、「これまで何度も話し合いを繰り返して、その度に喧嘩になって、もう嫌気がさしている」とか「話し合うことに価値がない。時間の無駄だ」のように考えている場合です。

このように相手が思っていると、話し合いをしたいと提案しても拒絶されることがあります。

相手が話し合いを拒絶してきた場合、どのような対応をすれば良いのでしょうか?その点について詳しくお伝えしたいと思います。

ご相談者様ご相談者様

私も夫と別居して3カ月が経過しています。その間、ずっと夫とは会っていません。こちらが会って話しをしたいと伝えても拒絶されるんです。もしかしたら、突然、離婚届が送られてきたりするのでしょうか?私は夫と関係修復したいと思っているのですが。

夫が話し合いを拒絶する理由

そもそも、夫が頑なに話し合いを拒絶してくる理由は何でしょうか?これにはいくつか考えられますので、1つずつ取り上げていきたいと思います。

1.恐怖や不安

夫がこれまでの経緯から、話合いをすることに不安や恐怖を感じているというのが1つの理由として考えられます。例えば、これまで話し合いをしてきたけれど、いつも非難合戦になってしまっていたというようなことがあれば、次第に夫も「話合いをすること自体に強い不安を感じる」ということが起こります。

過去の経緯から拒絶している図解

2.無駄だと思っている

話し合いをすると言うこと自体を夫が無駄だと考えている可能性があります。これは例えば「話し合いをしても、いつも平行線なんだから、もう無駄だ」のように考えていることが原因です。無駄なことはしたくない、時間を使いたくないという夫の心理があります。

無駄だと思うことの図解

3.自己完結している

夫が勝手に「もう俺は離婚すると決めた。だから、離婚条件のことであれば、話しをしてもいいが、それ以外で話しをするつもりはない」のような感じで、一方的に結論を決めていることがあります。このような時は、やはり話し合いに対して拒絶してくることになります。

一方的結論を決めつけている図解
その他、様々な理由がありますが、上記3つを抑えておいてください。では、次に夫が話し合いを拒絶する場合、してはいけない対応について解説します。

拒絶する夫にしてはいけないこと

ご主人が話し合いに対して「絶対に話し合わない」などのような頑なな態度をとっている場合、「してはいけないこと」というものがあります。

そはれ「話し合いがいイヤなんて困る!」「話し合いを拒絶するのはダメだ」のようにご主人の事を責めるということです。これをしてしまうと、ますますご主人も頑なな態度をとって、話し合いに参加してくれなくなります。
責める対応について図解
事実、奈良教育大学の実験でこのようなことを行っています。宿題を忘れた生徒に対して、先生が叱責するという場面を想像してもらい、生徒からの反発がどの程度起こるか/あるいは抑えられるのか?ということを調べています。

論文『子供の反省を促す叱責の研究』
出典:国立大学法人奈良教育大学学術リポジトリ

すると「頭ごなしに叱責する」と反発されやすくなり、事前に「相手の事情を聞いて、叱責すると反発の度合いは低くなる」ということが証明されています。

ご主人に対しても同じように、頭ごなしに「話し合いに応じないなんて酷い」のように注意したり、責めたりすると逆効果です。

では、話し合いを拒絶してくる夫にどう対応すれば良いのでしょうか?次は、その対応策についてお伝えします。

まずは事情を聴く

そもそも、夫婦問題についての話し合いは、誰でも大なり小なり抵抗があるものです。例えば「離婚についての話し合いをしたくてたまらない。楽しみだ」などと言う人はいないですよね?

ほとんどの人は「喧嘩になったら嫌だな」とか「嫌な話しを伝えないといけないな」など、いろいろな不安が先行してしまいます。

ですので、まずは相手の話し合いを拒絶す気持ちを共感的に聴いてみることが大切です。つまり、「話合いをすべき」という説得的に話しを聴くのではなく、「話し合いが出来ない事情・思い」から聴いていくということです。

そしてその気持ちに共感したら、今度は「大変だけど、このまま平行線を続けていくわけにもいかないと思うから、また、あなたの余裕があるときで良いので、話をする機会を設けていこう」という感じで伝えていきます。

「次回の話し合いに向けて、すぐにではないけれどまた機会を持ちたい」という主旨が伝わればかまいません。実際に、話し合いの機会が持たれるかどうかは別なのですが「こちらに話し合いをしたい意思がある」ということを相手に認識してもらう必要があるのです。
共感することの図解
逆に言えばそれさえも伝わっていないと状況はさらに酷いことになる傾向があります。例えば、ご主人が「話し合いはもはや出来ない」のように判断をすれば、突然、弁護士を連れてきて離婚の示談に応じさせられる…のようなことです。

ともかく、このように「音信不通になる事」「こちらにも話し合いの意思がないと思われること」だけは避けないといけません。

一度、話し合いに対して嫌悪感を持つようになってしまうと、そこからモチベーションを取り戻してもらうのは大変ですが、共感と「またいずれ機会を設けていこう」という軽めの提案を繰り返すことが肝心です。

話し合いの機会が持てたあとは?

もし、その後、ご主人と話し合いの機会を持つことが出来たら、早速して欲しい事があります。それは、話し合いの最後で、いつも「話し合ったことの意義」を伝えるようにする、ということです。
図解『意義を伝える』
このように事あるごとに意義を伝えておかないと、やはり相手の考えがすぐに「やはり、り話し合いなどしても意味がないのではないか?」というものに戻っていきやすいからです。

意義の具体的な伝え方

具体的には「今回はあなたの離婚に対しての考えが分かって、それだけでも時間を取って話をした意味は大きかったと思う」のように、「話し合い自体に価値があった」ということを、ことある毎に伝えていきます。

その他、例えば…

  • あなたの意思が確認できただけでも良かった
  • あなたの元気な姿を見れただけでも良かった
  • 子供の面会についてだけでも、あなたの考えが聞けて良かった

などのように伝えていきます。このように、話し合い後、きちんと意義を伝えておくことで、次回に向けてモチベーションが過剰に下がってしまうことを避けられます。細かい点ですがコレをしなければ、またご主人から「もうこの前話し合いはしただろう?もうしない」と再び拒絶的な態度をとられることがあるからです。

まとめ

ご主人が話し合いに対して拒絶してい場合、不安も大きくなりますよね。実際、音信不通の期間が長引くと、夫が突然弁護士を連れてくるなど、あまり良い結果にはなりません。

なので、2カ月以上の話し合いの拒絶が続いているのであれば、黄色信号が点滅していると思って、できる限り早い段階で今回の記事で紹介した内容を行動に移してみてください。大きく分けて2つのステップがあります。

  • ステップ1.億劫な気持ち共感
  • ステップ2.意義を伝えてモチベーションを維持

上記のステップです。ブログでは、かなり大まかなステップしか説明できませんでしたが、さらに詳しい対応方法は下記のニュースレターに無料登録してください。こちらで詳しい対応方法をお伝えしています。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『夫が話し合いを拒絶?どう対応すれば』についての記事はどうでしたか?

今回は話し合いを拒絶する夫に対して、どんなフレーズで声をかければ良いのか?ということを中心にお伝えしてきました。しかし、夫婦問題についての話し合いは、いろいろな問題が生じるので対応も難しいですよね。

そこで夫婦問題について話し合いをする際の関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、話し合いについての知識を深めて頂くことが出来ます。

夫が話し合い中、黙る場合

黙る夫への対応
折角話し合いの機会を持てても、夫が黙ってしまう。沈黙になってしまうと言うことはありませんか?その場合、非常に気まずい空気が漂ってしまいますが、一体、この場面をどう切り抜ければ良いのでしょうか?

話し合い中、黙ってしまった場合にしてはいけないことや、逆にするべき対応について詳しく解説します。

参考ページ:夫と話し合いで沈黙が辛い

旦那との話し合いが怖い

話し合いが怖い
夫と話し合いをしようと思っても、以前、暴言が酷かったとか、突然切れられて嫌な思いをしたと言うことがあると、なかなか話し合いをしようという気持ちにもなれないですよね。

しかし、このまま放置しておくと言うわけにもいかないもの。そこで、夫との話し合いが怖いという場合、どう対応すれば良いのか、下記の記事で詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

参考ページ:夫と会うのが怖い。話し合いはどう対応する?