ご主人と、今後の夫婦仲について話し合いをしなければいけない、ということがあります。しかし、以前、ご主人からの暴言が酷かった・・などのようなことがあると、会って話し合いをするということにどうしても抵抗を感じてしまいますよね。当然だと思います。

このような悩みがある場合は、どうすれば良いのでしょうか?そこで、今回は以前の暴言などが怖くなって話し合いに臨めないという場合の対処方法について解説していきます。

ご相談者様ご相談者様

私も、以前、旦那と話し合いをしたとき、随分酷いことを言われました。なので、どうしてもこれから前向きに話し合いをして、夫婦問題を解決していこうという気持ちになれません。また、暴言や酷い態度をとられたら立ち直れないと思います。どうすれば良いでしょうか?

話し合いが怖い理由

まず最初に、話し合いが怖くなってしまう理由について、いくつか取り上げたいと思います。自分がどれに該当しているのか確認してみてください。

1.過去の暴言

以前、話し合いをして、相手から様々な暴言や批判を受けてしまい、それを今でも引きずっているということがあります。そのようなことがあると、話し合い自体が怖くなり、なかなか「また話し合いをしよう」という気持ちにはなれません。トラウマ的になっている状態です。

暴言を過去に受ける

2.離婚を説得される

自分は修復したいと思っていても、相手が離婚したいと思っている時があります。そして、話し合いをすことで、相手から離婚を説得されるかも知れないという不安があると、話し合いに対して前向きな気持ちになれません。離婚を押し切られてしまうかも知れないと思うと話し合いに対して恐怖心を感じてしまいます。

離婚の説得

3.夫婦仲の悪化

話し合いをすると、いつも決まって夫婦関係が悪化してしまい、しばらくの間、関係がギクシャクしてしまうということがあります。こういうことがあると、やはり話し合いが苦痛に感じてしまい、なかなか前向きな気持ちで臨めません。

夫婦関係が後退
また、しばらく夫婦関係が悪くなるのではないか?と話し合いに対して大きな不安を感じてしまいます。

その他、話し合いが怖くなるのには、様々な理由があると思いますが、ここでは3つの主な理由を取り上げました。次に恐怖心を感じている場合の対策についてお伝えします。

夫に対して断っても良い

もし、過去の様々な理由から話し合いが怖い!したくない!と思ったら、話し合い自体を断ってもかまいません。例えは「以前、話し合いをして怖い思いをしたので、話し合いは出来ません」とハッキリ伝えるということです。

しかし、このように断れば、相手は「話し合いをしないと離婚の話しができないではないか!」のように、話し合い自体を求めてくる可能性も高くなります。そこで、そのタイミングで「以前のように、暴言を吐かないと約束できるのであれば、話し合いに応じても良い」のように、こちらから話合いをする条件を相手に伝えていきましょう。

こうすることで、話し合いから暴言などをなくしていくことが出来ます。

Flight Cahllengeテクニック

このテクニックは、アメリカの説得研究家ジョエル・バウァーらが開発した「Flight Cahllenge」と呼ばれているものです。

一旦、わざと「無理、できない」と断ることで、逆に相手が「いや、話し合いをやってくれ」という気持ちを引き出すものです。相手が物を頼む立場になれば、こちらかの条件も伝えやすいので、そのタイミングで「こういう形であれば、話し合いをしても良いよ」ということを伝えていきます。

さらに安心して話し合いをするには?

一旦、話し合いを断り、相手が話し合いをしたいと伝えてきたタイミングでこちらの話し合い条件を伝える。この「Flight Cahllengeテクニック」を使うことで、話し合いに対して恐怖に感じる原因を最小限に抑えることが出来ます。

  • 大声を出さないで欲しい
  • 無理矢理自分の意見を通そうとしないで欲しい
  • こちらの意見を聴いて欲しい

など、話し合いを穏やかに進める為に必要な条件を伝えてみて下さい。

また、さらに安心して話し合いを進める為に下記のような条件を加えることも検討して良いと思います。

1.公の場で行う

特に話し合い中、相手の暴言が強いと言う場合は、この方法をとることがりあります。話し合いを密室で行うと、やはり暴言が多くなるからです。プライベートな空間など、何を言ってもかまわないという感覚が大きくなります。なので、場所を変えるようにします。

図解「プライベート空間のマイナス点」
そこで、もし相手の暴言などが怖いけれど、どうしても会って話しをしなければいけないのであれば、公の場で会うということを考えていきましょう。例えば、ファミレスなどで会うことはできるかも知れません。公の場であれば、声を荒げることもなかなかできないですよね。

このように環境を変えることで、夫の暴言などを自制させ、話し合いを比較的穏やかに進めることが出来ます。

2.第三者の介入

2つ目の方法は、第三者を介入させるというものです。第三者がいることで、監視の目が働き、暴言などを伝えにくい上、一方的に離婚の話しを進めようとすることも防ぐことが出来ます。

抑止力の図解
友人でもかまいませんし、身内の方でもかまいません。第三者に同席してもらう事で、暴言を防いで下さい。ただし、極力、第三者を介入させる方法よりは、場所を工夫する方が妥当です。というのも、仮に第三者を介入させても暴言が出た場合は、夫婦関係の亀裂だけではなく、第三者との関係性も壊れてしまうことも多々あるからです。

ですので、可能な限り場所を工夫することで対応を検討してみてください。適切な場所がないと言う場合には、第三者の介入を検討していきましょう。

以上、ここでは話し合うのが怖いという場合にできる対策を取り上げました。

対処法まとめ

以前話し合いをしたときに暴言を言われて怖かったなどのことがあれば「もう話し合いなどしたくない」と思ってしまいますよね。

とりわけ別居していると、普段顔を合せないので、余計、疑心暗鬼な気持ちにもなってしまいます。しかし、これ以上、溝を広げ、離婚になってしまわないように、いずれは話し合いもしておきたいところです。その場合の対策として、今回の内容を検討してみてください。
要約

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『夫と会うのが怖い。話し合いはどう対応する』についての記事はどうでしたか?

夫の暴言などから、会って話し合いをするのが怖いということは多々あると思います。そこで、今回紹介した2つの方法を検討してみてください。

『夫が怖い』というのは、話し合いだけに限らず、様々な場面で問題になりますよね。そこで、今回の関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、怖い夫への対処方法について知識を深めて頂くことが出来ます。

怖い夫への不満の伝え方

夫への不満を伝えたい
浮気がある、暴言がある、子供への態度が悪いなど、夫の様々な不満を注意したいけれど、怖くて出来ないということはありませんか?そこで、注意するのが怖い場合の対処方法について詳しく解説いたします。注意点やコツなどを参考にしてください。

参考ページ:夫に不満や注意を伝えるのが怖い

暴言を忘れられない

過去に言われた暴言
夫から過去に言われた暴言を忘れられない。いつまでも引きずってしまうということはありませんか?「結婚しなければ良かった」など、酷い言葉を浴びせられるとずっと気に病んでしまいますよね。

そこで、こういった暴言を言われ時の気持ちの切り替え方についてくわしく解説します。

参考ページ:夫に言われた暴言が忘れられない