別居が始まると、早くこの問題を解決たいという焦りから「何か大きな事をやってやろう」と思いがちです。しかし、ホームランを狙ってばかりだと足をすくわれます。

「夫婦関係を修復していくための行動」というのは、原則、習慣的にできることが、妥当だと個人的に思っています。単発的に何か大きな行動をしても、夫婦関係に与える影響力というのは、中長期的に見ると、それほど大きくないことが多いんですよね。

例えば、「今日は、朝食に、ごちそうをつくりました!」という行動は、確かに、夫婦関係を修復するためにプラスになることも多いと思いますが、それよりも「今まで別々の時間帯に朝食を摂っていたけれど、今日からは毎日、一緒に摂ることにしました」と言う具合に、習慣としてできること、継続的にできる行動を加えた方が、夫婦仲を良くしていくことに強力です。

・単発で1回だけ大きな事をする
・小さな事だけど、継続的にできることを行う

だと、後者の方が、夫婦関係を修復していくには効果的です。ですから、ご主人との夫婦仲を改善したいと思ったら、「イベント的に大きな事をやる」ということも良いのですが、「小さくても、毎日で継続できそうなこと」を優先的に始めていきましょう。

「いやいや、そうは言っても、別居しているからなかなか継続的にできることは少ない」

と、思ってしまうかも知れません。しかし、心配はいりません。メールでもいいので、できることがあれば、それを習慣的にしていっても良いですし、毎日でなくても、「月に1回は一緒に食事をする」などのことでもいいのです。最初は、1ヶ月に1回、3ヶ月に1回程度、と言う具合に、頻度はそれほど高く実施することはできなくても、続けていけば、それは必ず実を結びます。

たとえ今、別居していたとしても、その置かれている環境の中で、できることを始めていけば大丈夫です。