現在、ご主人から別居の要求があるという場合の対応方法のポイントをお伝えいたします。これだけは最初に抑えておきたいという内容を詰め込みました。

夫から別居の要求がある

まだ別居には至っていないけれど、すでにご主人から要求がある、という場合、どう対応すればよいでしょうか?

まず最初に確認しておきたいのが、ご主人の本気度合。夫婦喧嘩の勢いでただ、別居だと叫んでいるのか、あるいは本気で準備を始めるつもりなのかということです。喧嘩の時に発言されただけで、それ以降、何も言ってこないのであれば、まだ別居を決めてはいないということです。もちろん、考えている、決めかねているということはあると思いますが。この場合は、もうしばらく様子を見て対応しましょう。ただの夫婦喧嘩の勢いで言ったのであれば、こちらからあえて蒸し返す必要はないかもしれません。

また、すでに別居宣言し、その後、準備を始めているということであれば、こちらも準備をしなければいけません。ここで焦ってしまって、ご主人に「別居はしたくない」ということを泣いて頼んだり、強制しすぎると後々まで禍根を残します。別居したからと言って、すべてが終わって、離婚になってしまうとは限りません。ですから、あなたには慌てず対応してほしいのです。ここで、もし大きく取り見出してしまうと、今後の夫婦関係の修復をより困難な状態にしてしまうだけになります。お互い感情的にエスカレートした状態でそのまま別々の生活に入ってしまった・・となれば、今後の展開が少し難しくなってしまいます。

また、既にご主人が別居の準備まで始めているのであれば、ご主人に別居は本意ではないということは伝えていきますが、一方で、その後の対応を考えていかなければいけません。その後のこというのは、別居後から、どう夫婦関係を修復していくのか?ということに頭を切り替えていかないといけないということです。そのために今、できることを行っていきます。続きは下記の夫婦関係修復ニュースレターを登録してください。

ニュースレター

「夫が突然、別居だと言い始めた」「どう同居に戻していけば良いのか分からない」などお悩みはありませんか?別居対策ニュースレターでは、毎日午前9時にあなたのメールボックスに別居問題の解決に役立つ情報をお届けしています。登録は完全無料ですので、今すぐ下記のフォームに普段お使いのメールアドレスを入力して下さい。