こんにちは。夫婦やりなおし相談室アシスタントの森田です。

今日は、別居の原因になりやすい、家庭内の居心地について、お話ししたいと思います。居心地が悪いから、もう家を出て行く、というのは、よく旦那さんからでで来る話です。

ところで、私の住んでいる静岡は温暖な気候ですが、ここ数日寒さも緩んできました。コートではなく、セーター姿の人も増えてきました。春のファッションが気になってきます。

すると、街を歩くと妙にセーターを着ている人が目についたりするようになりました。私の意識が女性の春のファッションにむいているからですね。

私たちは、このように、見たいものを自分で選んで見ているものです。正確に言えば、自分が見たいと思っているものが目につくということです。

これは、夫婦関係でも同じですね。旦那さんの浮気を疑っている時は、旦那さんの怪しい行動ばかりに目がいってしまいます。携帯をトイレにまで持って行ったぞ!別居することを計画しているのではないか?何かやましいことがあるんじゃないか。手帳にイニシャルだけ書かれているのは浮気相手との約束じゃないのか?など。

ご主人に対してイライラ怒りばかり抱いている時には、ご主人の些細な問題行動まで見逃しません。また靴下を裏返しにしたまま脱いで。私の仕事を大変にしようとしているんじゃないのか。テレビを見たままご飯を食べて。あっ、こぼした。汚い!お風呂上がりの脱衣所がビショビショ。全く次の人のことを考えていないんだから!

「ご主人の欠点を見つけよう、浮気の証拠を押さえよう!」と意識がそこにあると、そればかりが目に付いてしまいますし、なんでも浮気の証拠に思えてきてしまいます。

自分がこのように、相手の問題点にばかり視点を向けるようになると、ご主人も途端に、家庭内が居心地の悪いものになり、別居問題にまで発展してしまいます。

 

もちろん、ご主人の問題行動を無視する必要はありません。しかし、「問題を見つけよう」という視点を持ってしまうと、必要以上に、問題行動ばかりが目についてしまいます。

ですから、旦那さんの問題行動があれば、それはそれで指摘していく必要がありますが、それが終わったら、自分の見方をリセットしていきましょう。例えば「ご主人の優しいところを見たい!ご主人の真面目なところを見たい!ご主人の頼りがいのあるところを見たい!」と、見たいものを変えられるように自分自身に働きかけていきましょう。

別居の理由になりやすい、家庭内の居心地は、実は、このように自分の物の見方が、元々の原因になっているということが多々あります。一度、確認してみてくださいね。