こんにちは、後藤です。

今日は、別居の解消を考えるときに、
最初にやって欲しいことの1つをお伝えします。

今あなたが仮に、別居を解消したいと思っている場合、
まず、何をしなければいけないのか?ということについてです。

実はいくつかあるのですが、その1つが
ベースラインを記録しておく、ということです。

それは何かというと、
現状を客観視できる指標を1つつくる、ということです。

例えば、別居していても、ご主人がたまに自宅に戻る、
ということがあります。

その場合は、「ご主人が戻る頻度」を記録しておく、
ということです。

カレンダーなどに、記録しておけばかまいません。

「いや、うちは戻ってくることはないんですけど…」

と言う場合は、電話やメールで連絡が取れた日を
ベースラインとして、記録を取ってもかまいません。

このように、記録の対象になるものはケースバイケースですが、
何か客観視できるものを1つだけ、考えてみてください。

電話連絡でも良いですし、メールの返答でも良いです。
自宅に帰宅することがある、というのであれば、それでもかまいません。

何か客観的に数値化できるものです。

このベースラインを取っておくことが、
これから別居を解消していく上で、非常に重要になります。

この続きは、少し長いので、
こちらのニュースレターを無料で登録しておいてください。

ニュースレターの中で、続きをお伝えします。