このまま永遠に別居?

別居が始まると、何かと不安が大きくなるものです。例えば、「ずっとこんな別居が続く」「夫の頑なな気持ちは永遠に変わらないのではないか?」と思ってしまうこともあると思います。

どうしても悲観的に物事を考えてしまいますよね。。しかし、今は別居になっていたとしても、必ず気持ちが変化してくる時はやって来ます。

夫の気持ちは変わらない?

「夫の気持ちは、この先もずっと変わらない」「別居は永遠に続いてしまう」。このような誤った思考に陥ることを心理学用語で「先読みの誤り」と言います。Wikipediaでは下記のように説明されています。

「先読みの誤り」の用語
出典:Wikipedia

「現状がこうだから、将来もずっとこんなに悲惨なのだ」ということを勝手に想像してしまうことです。

こんな時に良くでる言葉は「ずっと変わらない」「永遠に続いてしまう」などのフレーズが多くなります。「ずっと私達夫婦は別居するのだ」とか「もうこのまま永久に、夫婦仲が良くなることもない」のように考えてしまうのです。

現実は常に変化する

しかし、別居は永遠に続くわけではないですし、ご主人離婚や別居に対しての気持ちがこの先、ずっと変わらないと言うことでもありません。

現実は、常に変化するものです。仏教用語に諸行無常と言う言葉がありますが、いつまでも辛いことが続くわけではないです。どうしても「変化することはないのだ」と思ってしまいがちですが。

このような時、どうやって気持ちを切り替えれば良いのでしょうか?

まずは「もしかしたら、自分は、先読みの誤りをしがちなのではないか?」ということを自覚することが必要です。気持ちに変化を起こそうと思えば、自覚するということがその第一歩です。

ご自身で先読みの誤りということが起こっているのではないか?ということを自覚することができれば、その気持ちを変えていくための行動がとれますよね。

変化を起こすために出来ること

具体的には例えば「今の不安な気持ちを紙に書き出す。そして、それをビリビリに破いてしまう」ということで、気持ちを切り替えるきっかけが掴めるかも知れません。

あるいは、身近なところに友人がいれば、自分の不安に思っていることを聴いてもらうということも出来ます。例えば「自分には夫の気持ちが永遠に変化しないのではないか?と思ってしまうんだけれど、これは馬鹿げた考えじゃないかとも思っている。あなたはどう思う?」と伝えれば、友人に「気持ちが変わらないと言うことは、非現実的だし大丈夫だ」と後押ししてくれるかも知れません。

具体的な対処方法はケースバイケースですが、自分の出来そうなことから始めてみてくださいね。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『別居は永遠には続かない』ついての記事はどうでしたか?

別居になるとどうしても「ずつとこんな状態が続いてしまうのではないか?」「このまま夫の気持ちは冷めていくのではないか?」など不安なことが出てきますよね。

そこで、別居に関する関連記事をご紹介します。気になる記事があれば、ぜひご一読ください。

別居の冷却期間はどのくらい必要?

冷却期間をもっととった方が良い?の注釈
「別居期間は長くなっても修復出来るのか?」、「もっと冷却期間をとった方が良いのではないか?」など、別居の期間について気になる人も多いのではないでしょうか?

期間が長くても、短くても色々心配になりますよね。そこで、ここでは別居期間が夫婦関係の修復にどう影響するのか?詳しく解説したいと思います。

参考ページ:別居している期間が気になる?

気持ちが離れていくのでは?

気持ちが離れることの注釈
別居した後、夫の気持ちが離れていかないか?不安ではありませんか。特に、別居する期間が何ヶ月も続くと心配になります。そこでここでは、気持ちをつなぎ止めておくために最低限必要なことについて解説していきます。気持ちが離れていくことの根本的な原因は何か?まずはこのことだけでもしっかり抑えておいてください。

参考ページ:別居後に夫の気持ちが離れないか不安?