帰宅拒否症の夫

帰宅拒否症とは、自宅に帰ることが何らかの理由で苦痛に感じて、帰宅時間が遅くなることを言います。場合によっては、外泊などを伴うこともあります。

仮に、ご主人が帰宅拒否症になると、家族が寝静まった後でないと帰ってこない、などということになることがあります。時には自宅近辺に来ると、吐き気がしてくる、ということもあるかもしれません。

このように帰宅拒否症になると次第に、会社などに寝泊まりし外泊する日数が増えてきたりします。ご主人としても、帰宅することの憂鬱さが限界にきているということです。このような場合、どう対応すれば良いのでしょうか?そこで今回は、帰宅拒否症になっている場合の対処方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私もめっきり夫の帰宅時間が遅くなってしまいました。これって帰宅拒否症?時間も経過しているので、もしかしたらトラウマ的な状態になっているのかも…

帰宅拒否症になるとどうなる?

まずは帰宅拒否症になると、夫がどのような状態になるのか?症状と言えるものをいくつか例を見てみましょう。

1.帰宅時間が遅くなる

帰宅拒否症の最も典型的な形は、帰宅時間が遅くなるということです。家に帰ってこず、マンガ喫茶などで時間を潰すようになります。究極的には、家族みんなが寝静まった頃に帰宅してきて、家族が起きる前にもう会社に出社しているというようなものです。

家族は、夫の姿をほとんど見なくなってしまいます。

2.自室にこもりがち

帰宅拒否症になる場合は、部屋で自分の安まる場所がないという場合が多いですが、自宅に1人になれる場所があれば、自宅に戻ってくることもあります。これも形を変えた帰宅拒否症の1つといっても良いと思います。

この場合は、寝室や自室にこもっています。食事などはコンビニで買ってきて自分で自室で食べているなどのことが多いです。

3.休日は不在

休日は外出しています。ほぼ1日帰ってくることがありません。ただ、家に自分1人になれる環境があれば、そこでずっと過ごしていると言うこともあり得ます。休日も不在になる事で、ほぼ1週間丸々、本人の姿を見ることがなくなってしまいます。

帰宅拒否症の夫にやってはいけないこと

夫が帰宅拒否症の場合、やってはいけないコトからお伝えします。これは例を挙げるとキリがないのですが、主なことに絞ってお伝えします。

早く帰宅するよう促す

このタイミングでやってはいけないことの1つは、「早く帰ってきて」と伝えることです。当然と言えば当然ですが、相手が生理的に帰宅出来ない状態なのに、それを「早く帰ってきて」と伝えれば、相手は余計、プレッシャーに感じてしまい、状況は悪化してしまいます。
やってはいけないことの図解
ですので、早く帰宅すると言うことを促すべきではありません。

どこで何をしていたか尋ねる

滅多に自宅で顔を合せない夫。やはり心配になります。そして、心配のあまり「どこで何をしていたのか?」と繰り返し尋ねてしまうことはありませんか?このような監視的になってしまうと、夫は無駄に自分の行動を隠すようになってしまいます。

少しでも把握しておきたいという気持ちは最もですが、このタイミングでどこで何をしていたか?を尋ねるのは避けたいところです。

メール/Lineをしまくる

帰宅しない夫に、メール/Lineをしてしまうということがあります。適度な量であれば問題ありませんが、これも度を超えて頻繁に送ってしまうと大きな問題になります、最悪の場合、相手がブロックしてしまったり、一切読まなくなってしまうということもあります。また、場合によっては相手がメール/Lineを受け取ることに恐怖心を持ったりすることもあります。

夫に声はかけてみること

しかし、帰宅拒否症になっている夫のことを放置しておいても良いと言うことではありません。ずっとこのまま放置しておけば、早かれ遅かれ、離婚問題に発展したり、ある日、突然、別居するなどのことにもなってしまい兼ねないからです。

実際に、会社に行ったっきり、ある日、突然自宅に帰って来なくなるということもよく起こります。

ある日、帰宅しなくなる
そこで、まずはご主人に対して、声だけはかけておきましょう。例えば「最近、帰宅する事に対して、気持ちが重たくなっているのではないか?もし、私が改善出来ることがあれはしたいので、あなたの都合の良いときに気持ちを打ち明けて欲しい」などのように声をかけておきます。

もちろん、このように声をかけておけば、すぐに何か言ってくるわけではないかも知れません。しかし、そのように伝えておくことで、ご主人も本当の限界が来る前に何か伝えてくれる可能性があります。また、そのように声をかけておくと、ご主人と話し合いになる、という可能性もありますので、その準備はした上で、進めてみてください。

また、これは口頭で伝えても良いですし、口頭での会話が難しくなっているのであれば、メール/Lineで伝えてもかまわないです。

もし帰宅拒否症について話し合うなら

声をかけたら、ご主人が「離婚を考えている」と伝えてくることもあります。ですので、もし、自分の場合も、今後、話し合いになる可能性があるという場合は、その準備はしておきましょう。準備なく、話し合いになれば、話し合いをキッカケに状況が一気に悪くなる、と言うことも良くあることだからです。話し合いが上手くいく、いかないは、大半、この準備にかかっています。
話し合いの準備
ただ、話し合いだからと言って、自分の主張を一杯伝えよう…と思う必要はありません。

むしろ帰宅拒否症になっているご主人に対しては積極的に、話しを聴くことに時間をとってみてください。まずは相手の話を聴いてみることで、相手の気持ちもより明確に理解することができますよね。帰宅拒否症に対しての具体的な対策はその後、考える事になります。

帰宅拒否症についての対処法

最後に帰宅拒否症になっている夫への対処方法についてまとめておきます。

まず、やってはいけないコトの1つは「早く帰宅するように」と相手の帰宅が遅くなっていることについて問題視して指摘することです。これだと、相手は益々帰宅したくなくなるという悪循環を生んでしまいます。

また、対処すべき方法をまとめると下記の手順になります。

  • Step1.不満や辛いことがあれば気持ちを言って欲しいと伝えておく
  • Step2.離婚の話しが出ることも視野に
  • Step3.話し合いの準備は今の内に

その他、個々の状況にゆって出来ることはまだまだたくさんあります。もし、じっくり対処法を学んでおきたいという場合、下記のニュースレターに無料登録してください。こちらでは帰宅拒否症の夫に対してどう対応すれば良いのか?具体的なノウハウまで詳しく公開しています。ちなみに、無料ですので今すぐ登録してみてください。

関連記事

さて、今回の『帰宅拒否症の夫。やってはいけないコトとやるべき事とは?』についての記事はどうでしたか?

帰宅拒否症である夫への対処は、相手もトラウマ的に嫌悪感を持っているため、対応は慎重に進める必要があります。

そこで関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、対処方法への知識を深めて頂くことが出来ます。

生理で夫との関係が悪化

女性の生理で夫婦関係に影響
生理がくるとイライラしてしまうことも多々ありますよね?普段なら聞き流せるような何げない夫の一言でもついカチンときてしまうことが多いように思います。そこで、このような生理の時にどう無駄な夫婦喧嘩を防げばいいのか詳しくお伝えします。

参考ページ:生理前緊張のイライラで夫婦関係が悪化

俺の居場所がない

家庭内の雰囲気が悪い
「もう俺の居場所はない!」「もう居心地悪いから自宅に帰ってこない」など言われるとショックも大きいものですよね。家庭内の居心地が悪い場合、帰宅拒否症、あるいは別居などを招いてしまうということが多々あります。そこで、科学的に居心地の良さをどう向上させれば良いのか?くわしく解説します。

参考ページ:家庭内の居心地が悪いから別居になる

夫婦関係を修復するために

修復のためにできること
夫婦関係を修復するためにどんなことをすればいいのか?全体像を解説。マインドから手順、そして方法論まで。修復をしようと思ったら、まずこの記事に目を通しておくのが妥当です。

参考ページ:夫婦関係を修復するにはどうすれば良い?