離婚と告げてきた理由は一体何?

夫婦関係を修復していく上で重要なことの1つは「そもそもどうして離婚問題になったのか?」という点を抑えておくことです。そこで、裁判所が出す司法統計の平成30年度の結果を調べてみました。

今回はこのデータをもとに、離婚理由を明確にし、夫婦関係の修復の参考にして頂ければと思います。
では早速、夫からの離婚申し立ての動機からみてみましょう。

夫からの離婚理由

『婚姻関係事件数申立ての動機別申立人別』のデータを元にグラフをつくってみました。

平成30年婚姻関係事件数_夫
データ元:婚姻関係事件数申立ての動機別申立人別

ほとんどの場合、夫から離婚を申し立てる理由は「性格が合わない」というものです。性格が合わないというのは、抽象的なのでハッキリしませんが、要は「日常の細々とした不満の積み重ね」というところだと思います。

そして、その他を除けば、第二位は「精神的な虐待」です。これは例えば、妻がガミガミ怒るなどが含まれていると思います。あるいは、も家庭内で存在を軽視するなどのこともあると思います。

第三位は「異性関係」「性的不調和」「家族親族との折り合いが悪い」などがほぼ横並びという結果になりました。

妻の場合の統計結果

では、次は妻からの離婚申立理由を確認していきましょう。

平成30年婚姻関係事件数_妻
データ元:婚姻関係事件数申立ての動機別申立人別

こちらも夫の場合と同じく、第一位は「性格が合わない」というものです。しかし、第二位は精神的虐待ではなく「生活費を渡さない」というものです。夫婦カウンセリングを行っていても「夫が生活費を入れてくれない」というのは、時々あることの1つです。

第三位は「精神的な虐待」です。これは怒鳴る、すぐに怒る、乱暴な物言いなど様々な事が含まれます。

統計は参考までにする

以上、動機別の離婚申し立て理由をみてきましたが、あくまでも統計で分かる理由というのは限られています。

例えば「性格が合わない」ということに該当していても、実際は「相手がだらしないところが嫌だ」という場合もあれば、「趣味が合わない」ということを「性格が合わない」と伝えてきている場合もあります。

このように、実際の離婚理由というのは、極めて個別の問題になります。ですので、統計は参考にしつつも、それだけをみていても夫婦関係の修復には結びつきません。実際の離婚理由を考えるときは、これまでの自分達夫婦の経緯や、相手から話しを聴くことで確認するようにしてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

よくある質問と回答

Q&A
ここでは、離婚理由について「よくある質問と回答」をとりあげていきます。

Q.突然、夫から離婚の話しをされました。突然のことで頭が真っ白になりましたが、とりあえず離婚理由を相手に尋ねてみたのですが、その返答もハッキリしないです…。どう対応すれば良いですか?

Answer
ご相談ありがとうございます。離婚理由を尋ねようと思っても、それをすぐに答えてくれないということも多々あります。このような場合、どう対応すれば良いのでしょうか?詳細は下記の音声でどうぞ