修復するにはもう手遅れ?

「夫とは、関係がこじれてしまい、もう修復不可能ではないか?」そのように不安になってしまうことも多々あると思います。別居になってしまった、離婚届けを書かされた…など、色々な困難な状況に陥っていることもあると思います。

しかし、まだ諦めるのは早いです。八方塞がりのように思える中でも、出来る事は必ずあります。そこで今回は「もう夫婦関係の修復は手遅れではないか」と思っているあなたに、これから出来る対応について詳しくお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

もう夫とは別居になったし、連絡も来ません。こんな酷い状況から本当に夫婦関係を修復させていくことは可能なのでしょうか?いつももう手遅れではないか?既に間に合わないのではないか?と心配です。

遅すぎたと思っても出来る事はある

「夫婦としての信頼関係を今まで育ててこなかった」、「子供の事ばかりで、夫をほったらかしにしていた」などのことから、今は夫婦問題が噴出して、手遅れになってしまったのではないか?と不安はありませんか。

こんなとき夫婦関係を修復するためにどんなことをすれば良いのか?と思ってしまいますが、そのことをお伝えする前にまずは「やってはいけないこと」からお伝えします。

夫婦関係修復のためにやってはいけないこと

夫婦関係を修復しようと思ったとき、やってはいけないことの1つは「闇雲に行動する」ということです。これをしてしまうと、夫婦関係がこじれてしまいます。

図解「整理しない場合の例」

闇雲に行動するというのは、多くの場合、感情的に焦っている状態です。その状態で何か行動をとれば、たいてい相手も不快な感情になってしまうのです。これは『感情の伝染効果』といって、ネガティブな感情などが相手にも伝わってしまうということです。

例えば、あなたが不安な気持ちで「今日はどこか外出するの?」など聞いてみて下さい。すると、相手はそれだけで「もうほっといてくれ!」などネガティブな反応をする事が多いと思います。

実際、カリフォルニア州立大学Thomas Sy博士らは、グループでテントの組み立て作業をしてもらい、メンバーにつまらなさそうにしている人がいれば、チーム全体もうんざりした気分になり、逆にモチベーションが高く楽しく作業をすると、周囲も同じように気分が向上しています。他の研究でも感情の伝染効果はわずか30秒ほどで発生することを突き止めています。

evidence
出典:AmericanPsychologicalAssociation

このように自分がネガティブな状態で相手に働きかけると、状況を悪化させてしまうことが多いのです。では、夫婦関係を修復させるために何をすれば良いのか?そのことについて、次はお伝えします。

修復に向けた最初の一歩

夫婦関係が修復できないのではないか?と思える状況の中でも、出来る事は必ずあります。具体的に何をすれば良いのか?と混乱してしまうと思いますが、まず大切なのは状況を整理することです。

「もう夫婦問題が辛すぎて考えたくもない」という気持ちもあると思いますが、落ち着いてからでかまいません。冷静になれてきたら、今のご主人との状況を整理して、今後の対策をキッチリ立て、出来る事を一歩ずつ進めてください。

では具体的にどう状況を整理すれば良いのか?そのことについて詳しくお伝えしていきます。難しくはありません。

どうやって状況を整理すれば?

整理する方法は簡単です。まずは、現在のご主人との接点を確認していきましょう。接点とは、ご主人との関わる機会のこと。例えば「挨拶なら出来る」とか「子供と夫は会話が出来る」などのことです。このように、ご主人との接点を箇条書きで良いので書き出してみてください。例えば下記のような感じです。

状況の整理

ちなみにナゼ接点を書き出さないといけないのか?

それは、夫婦関係を修復していく際の突破口になるからです。

例えば「夫と休日は一緒に過ごすことがない」ということがあったとします。そう言いう状況の中で、唐突に夫に「今週は私と一緒に過ごそう。公園にでも行こう」などのように提案しても、承諾してもらえる可能性はなり低いですですよね?

つまり「夫婦関係を修復するために、全く新しいことをする」というのは実現出来る可能性が低いのです。しかも、ことわられるだけであればともかく「どうして突然、一緒に休日を過ごさないといけないのだ!今までほったらかしにしていたのに」などのように怒りをかうこともあります。ですから、「全く新しいこと」をするのは反発もされるリスクが高いのです。

なので、夫婦関係を修復していくには「既に出来ていること」に注目して、そこを拡大させていくというのが大原則なのです。
まとめの図解
まずは「既に出来ていること」を整理してみてください。つまり、あなたとご主人との現時点での接点です。そこを起点にして夫婦関係を修復するための行動を一歩ずつとれば必ず前進していきます。

今回の件についてさらに詳しい情報は下記のニュースレターで公開しています。無料購読できますので、今の内に手続きを済ませておいてください。メールアドレスを登録するだけです。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『夫婦関係の修復に遅すぎることはない』についての記事はどうでしたか?

もう修復するには遅すぎるのではないか?と思ってしまうかも知れませんが、それはあなたの思い込みである可能性が大です。

状況を整理することから始めてみてください。そうする事で出来ることは見つかります。

その他、夫婦関係の修復についての関連記事をご紹介します。併せて読んでおいてください。

離婚を急に言われた

離婚の要求
突然、夫が離婚や別居を伝えてきた!どうしてそんなことを言い出したのか?その理由や気持ちが理解出来ないと言うときは、この記事を参考にしてください。相手の気持ちを少しでも理解することは、今後、夫婦関係を修復する上で、あなたが的確に行動出来るということにつながります。

参考ページ:夫の気持ちが理解できない

夫婦関係の修復にいきづまり?

行き詰まりについて
一生懸命、夫婦関係の修復に取り組んでいるけれど結果が出ない?それは、方法が間違っているからです。そこで、行き詰まりを起こす典型的な原因とその対策について、お伝えします。下記の記事を参考にしてみてください。

参考ページ:夫婦関係の修復が上手くいかない