夫婦関係の修復を考える前に

いつ「夫とどう夫婦関係を修復すれば良いのだろうか」「夫との別居を解消するには?」のように、常に夫との関係ばかりに目が向いていませんか?

実はそのように夫との関係ばかりを考えていると、関係の改善は遅れてしまうのです。そのことを考える前に、取り組むべきことがあるのです。今回は、別居や夫婦仲を改善する際の取り組み方についてお伝えします。

自分対自分

いつも「夫との関係を良くしなければ」と「自分対相手」のことを考えていませんか?

実は究極的には、自分対相手の関係を考えるよりも、自分対自分のことを考える必要があるので。それが旦那との関係を変えることになるからです。

例えば、自分で、自分のことを愛していないということがあるとします。それは、この世で一番、あるいはほぼ一番の存在である自分のことを愛していないということですから、他人であるご主人のことなどもっと愛することができない、ということになります。

ですから、もし自分のことを愛する事が出来ないという場合、ご主人との関係を考える前に、自分対自分の関係を改善する必要があります。それが、夫婦関係を修復していく際のもっとも土台になる事の1つです。

まとめ

夫婦関係の修復において、自分に対して働きかけていくことが、別居などご主人との問題を解決していく上で、もっとも土台になってきます。なぜなら、自分の事を大切に出来ないということは、この世で最も大切な人を大切に出来ていないということだからです。

それはつまり、他人のことなどもっと大切に出来ない、と言うことになりますよね。ですので、ご主人との関係を改善しようと思ったら、自分との関係はきちんと出来ているか?それを確認してみてくださいね。

ご相談者様ご相談者様

確かに私も自分の事を大切に出来ていなかったように思います。自分の事さえ大事に出来ないのであれば、夫のこともやはり大切にするということは出来ないですよね。自分のための充電時間をとったりしたいと思います。ウォーキングに行ったり、友達とランチに行ったりしたら良いのかな…。

関連記事

さて、今回の『自分と自分の関係を見直そう』についての記事はどうでしたか?

相手との関係性を変えていくために、まずは自分対自分の関係を変える必要があります。

ただ、行動派難しく考える必要はありません。次のような記事を参考にして実践に取り組んでみてください。

運動でストレスも低下

運動でストレスを低減させる
自分のことを大切にするために出来る最も簡単で効果が高いことの1つは、運動です。「えっ、そんなことで」と思うかも知れませんが、実は運動をすることは、自分の考えを整理する上でも、精神的な健康をプラスにする上でも効果てきめんなんです。下記の記事も参考にしてみてください。

参考ページ:夫へのストレスを運動で解消!

不満を溜め込んで嫌味

嫌味を言ってしまうの解説
日頃相手に対して不満を溜め込んでしまっていると言うことはありませんか?そのようなことがあると、つい何かの時に夫に嫌味を言ってしまうということも多々あると思います。しかし、それは次第に夫婦関係を蝕んでしまいますよね。そこで、嫌味を言ってしまう自分を変える方法についてお伝えします。下記の記事を参考にしてください。

参考ページ:夫に嫌味を言ってしまう自分を変える方法