1週間に1回くらいは連絡した方が良い?

別居すると「夫との連絡をどうすれば良いのだろうか?」と迷ってしまいますよね。

例えば、「1週間に1回くらいは連絡をした方が良いのだろうか?」あるいは「1日1回だと、頻度が高すぎないだろうか?」などのように迷ってしまいます。

あるいは別居が始まった初期の時期であれば「1カ月くらいは連絡を取らない方が良いのかな?」とか思ってしまいますよね。

そこで、今回は別居中、どれくらい連絡を取らない方が良いのか?あるいは取った方が良いのか?ということについてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かに私も、別居した夫に連絡を取って良いものか迷ってしまいます。毎日メール/Lineを送ったら、ウザいと思われるのではないか?とか、「離婚して」など返答が返ってきたら怖いなとか思ってしまいます。それでもやはり毎日送った方が良いのでしょうか?それとも、やっぱりしばらくは控えた方が良いですか?

中長期的には必須

まず、連絡頻度などについて考える前に、1つ重要な事をお伝えします。

それは、当たり前のことのように聞こえてしまうかも知れませんが、別居を解消し、夫婦関係を修復するには、早かれ遅かれ連絡を取る必要があるということです。

例えば、Lineで連絡することもなければ、会うこともない…と言う状況だと、別居の解消はもちろん、夫婦関係も良い方向に向かっていかないですよね。

事実、テキサス大学のSirkka L.Jarvenpaa博士らによると、会話量が増えれば増えるほど親密度や信頼度が高まるということが証明されています。

会話量と信頼殿グラフ
出典:Communication and Trust in Global Virtual Teamsのデータを参照

夫婦仲を良くしていく際も例外ではなく、実際に連絡を取って、ご主人と話したり、行動をとったり、一緒に時間を共有するなどのことが必須になります。

つまり、短期的には様々な事情から、連絡をあえてとらない時期があるかもしれませんが、修復していくことが目標であれば、中長期的には「連絡を取る必要がある」ということです。しかも、その頻度は、修復に向けて増やしていく必要があります。

ポイントのまとめ

別居直後は連絡をとらない方が良い?

中長期的には、連絡を取り、しかも頻度は増やしていく必要があるのですが、別居開始『直後』はどうでしょうか?

すぐにでも夫に連絡を取るようにした方が良いのか?それとも、控えた方が良いのか?

「すぐに連絡をすれば、鬱陶しいと思われるのではないか?」などの心配もあると思います。

これについては、別居したときのご主人の様子が鍵を握っています。

例えば、怒り心頭して夫が出て行った…などの場合は、ご主人の気持ちが落ち着くのを待って、連絡をとる方が妥当だと思います。目安としては、1週間から2週間程度の時間を検討してみてください。

相手が怒り心頭しているため、スグに連絡を取れば、勢いでご主人も「もう離婚する!」とか「二度と、自宅に戻らない!」などのように暴言もたくさん出てくるかもしれないですよね。このような状態だと、会話をしてもお互いがヒートアップして、離婚危機を招きます。

では、「1カ月くらい連絡をとらないようにするのはどうですか?」という疑問もあると思いますが、ここまで期間があくと次第に「冷静になれる」というよりは、「ギクシャクしてしまう」というリスクの方が高くなります。なので、別居後、連絡をとらないとしても、それは最大で2週間程度を目安にしてください。

もちろん、状況はケースバイケースなので、それよりも長くなることはあると思いますが、目安としてはそれくらいの期間を考えた方が良いと思います。

一方、「比較的、冷静に自宅を出て行った」という場合は、1~2週間も時間をおく必要はありません。この場合は、翌日、あるいは数日以内に連絡を取っても、多くの場合、問題ないと思います。

別居中の連絡頻度について

では、別居から暫く時間が経ち、連絡が取れるようになってからは、どれくらいの頻度で連絡をするようにすれば良いのでしょぅか?

これはケースバイケースではありますが、先ほどお伝えした通り、中長期的には頻度は高くなっていくことが望ましいです。

ですので、実は「別居後、暫く時間が経過してからの連絡頻度」については決まった答えはありません

常に変動するからです。

例えば「今、連絡を3日に1回とっている」ということがあるなら、中長期的にはその頻度を増やしたいので、少しずつ「頻度を3日に1回から2日に1回にする」のように変えていくことが必要があるからです。

なので「3日に1回連絡を取れば良い」とか「1週間に1回連絡を取れば良い」という決まった答えはないです。現状「1週間に1回連絡を取っている」ということがあるのであれば、それを少しずつ増やせるように「1週間に2回連絡を取れるようにする」のようにステップアップすることを目指してみてください。

頻度にこだわり過ぎない

夫婦関係を修復していきたいと思った場合、連絡頻度は中長期的には増えていく必要があります。しかし、短期的には、増えたり減ったりするのが自然です。

例えば、ご主人の仕事が忙しい時期に入った、などのことがあれば、当然、連絡頻度は減ってしまいます。つまり、あなたが連絡のとりかたをどう工夫したところで、相手の事情によってその頻度が上下してしまうことは避けられないです。

ですので、短期的に連絡頻度が増減することは、過度に神経質になる事はありません。中長期的に、増えていけば良いな…という気持ちで臨んでみてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

よくあるご質問

ここでは今回の記事『別居中に、どれくらい連絡を取らない?』に関連するQ&Aをお届け致します。

別居中の夫の心理は?

Question
別居していると夫と普段、顔を合せません。なので、今、どんな気持ちなのか?どんな心理なのか?それが分からず不安で連絡をとることを躊躇してしまいます。少しでも夫の気持ちを知ることが出来れば、連絡を取るべきか、やめるべきか。あるいは連絡を取るとしてもどんな連絡を取れば良いかなど、今後の方向性を決めることも出来るのですが…。何か夫の心理を知るための良い方法はありませんか?

Answer
別居中、夫に連絡をとるのは不安も大きいですよね。というのも、しばらく顔を合せていないというのもあるので、夫が一体どんな気持ちになっているのか分からないという点が大きいからです。そこで…。(続きは下記の音声で)

関連記事

さて、今回の記事はどうでしたか?

連絡頻度については、確かに気になりますが、こだわり過ぎても仕方がありません。結局、別居中の連絡を取るのに最適なな頻度は、実際に取りながら調整していくことが最も大切だからです。事前に「これくらいの頻度にすれば良い」のようなものは決まっていません。

ただ、連絡の仕方については、その他気をつけておくべき点が何点かありますので、下記の記事も併せて読んでみてください。きっと知識を深めて頂くことが出来ます。

長期間、接触を断つ事の弊害

音信不通の問題点
連絡を取ると暴言ばかり吐かれるのでウンザリする!そう思ってしまうことはありませんか?確かに、夫に連絡をしても「離婚して欲しいとか「もう決心はついたか?」とか言われると気分も悪くなってしまいますよね。

不快な気持ちになるので、つい音信不通にしてしまうということもあるのではないでしょうか?一時的に関わらないように対応する、ということはあるのですが、しかしずっと放置しておくと状況は悪くなっていく可能性が台です。そこで、長期間連絡を取らないことの弊害についてこちらの記事で内容をご確認ください。

参考ページ:長期間の音信不通

連絡無視されれば復縁は無理?

連絡を無視される
ラインなどで別居している夫に連絡を取っても無視されると言うことはありませんか?無視されると、もう復縁は不可能ではないか?と思ってしまいますよね。

しかし、LINEの返答がないのは、次の5つのことが原因になっているかも知れません。連絡をとってもずっと無視されているという場合、次の記事を確認してみてください。

参考ページ:もう復縁は無理?別居中の夫からLineの返答がない

別居中どんな内容で連絡すれば良い?

Lineで連絡をとるならの注釈
「早速も、夫に連メール/Lineで連絡を取ってみよう!」。そう思っても、一体どんなメッセージを送れば良いのか分からないですよね。不適切なメッセージを繰り返し送れば、当然、返答もなくなると思いますし。

実際問題、連絡は頻度よりも内容が重要です。そこで、別居を解消したり、夫婦関係を修復するためにどんなメッセージを伝えれば良いのか?ということについて参考になる記事を紹介しておきます。

メール/Lineのメッセージの中に、このキーワードがあるかどうか?それが重要なのです。

参考ページ:Lineメッセージの書き方