別居している夫に手紙を書く

「別居している夫に、どうやって手紙を書けば良いですか?」「夫の心に響く手紙の書き方はありますか?」など、これら手紙に関する質問は夫婦カウンセリング中に、よく受けています。手紙を書くことで、相手の気持ちが変わったり、別居の解消につながることもあるので、とても重要なことの1つです。

もちろん、手紙一通で全て問題解決できる…などということは、さすがにほとんど起こりませんが、それでも別居解消や夫婦関係の修復の一助になる事は多々あります。そこで今回は、夫に手紙を書く場合の、適切な送り方について詳しくお伝えしたいと思います。

ご相談者様ご相談者様

私も丁度、別居している夫に手紙を書こうと思っていました。ポイントを教えてください

なぜ手紙は効果的なのか?

手紙の具体的な書き方、送り方について解説する前に「そもそも手紙は本当に効果的なのか?」という疑問を持っている人もいると思います。そこで、効果性について解説しておきます。

あなたは手紙を送ると聞いて次のように疑問に感じているのではないでしょうか?「メールやLineで良いのではないか?」という点です。もちろん、メール/Lineでもかまわないのですが、実は手紙の方が効果的であることが多いのです。

その理由は簡単です。例えば、メール/Lineは、普段からよく受け取りますよね?これは日常になっています。しかし、手紙を受け取るという機会は圧倒的に少ないのではないでしょうか?最近、受け取った記憶がありますか?

だからこそ、手紙の方がインパクトが強いため「読んでくれる可能性が高い」のです。メール/Lineはスルーされがちですが、手紙は安易には無視できません。ちなみに、ここでは「手書き」であることが大事です。ワープロ打ちだと、インパクトが弱くなるので注意してくださいね!!

図解
では、早速、具体的な手紙の書き方について解説していきます。

本当に手紙を送る必要はある?

効果的な手紙の書き方を知る前に、まず本当に手紙を書く必要があるのか?ということを考えていきましょう。というのも、手紙は『手段』であって、手紙を書くこと自体が『目的』ではないからです。とにかく何でも良いので、手紙さえ書けば良いと言うわけではないですよね。

例えば、手紙を書こうとする前にまずは…

「夫と別居のことについて、話し合いの機会を設けたい」

など、こういった目的というのが先にあります。そして、そまの目的を果たすために手紙を書くことが妥当であれば、そうしますし、目的を果たすために必ずしも手紙である必要がない、あるいはそれ以外の適切な方法がある、と言う場合は、別の方法を活用することになります。

手紙を書く前に目的を明確にするの注釈
時々、目的と手段が逆転してしまい「とにかく手紙を書けば良い」と手段ばかりに目がいってしまい、一体それをして、結果として何を達成したいのか?ということが、よく分からなくなってしまっている人が多いようなので気をつけてください。

では、次は実際に手紙を書くときの注意点やポイントについてお伝えします。

書き方のポイント

「自分は別居解消のために、以前の自分の失言を謝罪したいから手紙を書こう」。例えばこのように、手紙を書く目的を決めます。それが決まったら、早速、書いていきましょう。

手紙を書こう…と思ったとき、よくある間違いは「謝罪のために手紙を書く」「別居の解消のために手紙を書く」「子供の塾への送迎をお願いするために書く」というように、複数の目的があり、それを一通の手紙に詰め込んでしまうというものです。

このように1通の手紙で、複数の目的を果たそうとすると、たいていはどれも受け入れてもらえません。そもそも、このように複数の目的(あるいはテーマ)を1通に詰め込んでしまうと、相手にメッセージが伝わりにくいのです。

例えば下記のようなメッセージです。

悪い例文

「あの時は私の暴言であなたのことを傷つけてしまってごめんなさい。本当に申し訳なく思っています。ところで、別居して半年が経過します。そろそろ別居を解消してください。それと、子供の塾の送迎も大変なので手伝ってください」

【解説】もちろん、ここまで短文でたくさんのトピックを詰め込むことはないと思いますが、これが長文になっても同じです。どんどんたくさんのトピックを詰め込んでしまうと、結局、何が言いたいのか?というのが相手に伝わらないですよね。
詰め込みの図
例えば、ご飯を食べるときも同じです。カレーを用意して、お刺身を用意して、とんかつを用意して「さぁ、ご馳走なので食べてください」と言っても、種類が多すぎて、見ただけでお腹いっぱいになりますよね。しかも、どれを食べて良いのか分からないので、食欲も湧きません。

書き方の基本は1通に1つの目的

こちらは「とにかく一杯気持ちを伝えないと…」と思って、ついいろいろなメッセージを1通の手紙に詰め込んでしまいます。

しかし、ご主人は、それほど一所懸命、あなたの手紙を読んでくれるわけではありません。実際問題、むしろ相手は「面倒だな」とか「嫌なことを言ってくるのだろう」とか、渋々手紙を読むということが多いですよね?

ですから、基本的にこちらのメッセージが複雑で理解しにくくなればなるほど、相手に拒絶反応を生んでしまいやすくなるのです。なので、手紙も1つの目的に絞って書くようにしてください。

手紙の書き方ポイント
例えば、相手に同居中にあった自分の失言について謝罪しようなどのように、テーマを絞って記述するのであれば、下記のような形になります。

良い例文

「先月、夫婦喧嘩をしてしまったとき、私があなたのことを傷つける発言をしてしまいました。本当にごめんなさい。その時のことについて少しだけ事情を説明させてもらっても良いですか?実は、あの時、私は仕事でも余裕がなくなっており、常にイライラした状態でした。そして、周囲の人の気持ちをおもんばかる余裕もなく、心ない発言をしてしまったのです、どういう事情があるにしても、許されることではありませんが」

【解説】上記は、謝罪をする場合の例文になっています。いろいろなトピックを詰め込むのではなく、1つのことに絞って伝えてます。このように1つの目的だけに絞って伝えるようにしてください。内容を絞ることで、渋々読んでいるご主人にも、メッセージが伝わりやすくなります。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事のご案内

さて、今回の手紙の書き方についての記事はどうでしたか?

手紙はメール/Lineなどと違って、インパクトがとても強いものです。普段、メール/Lineを送ってもスルーされがちなときや、「ここだけはどうしても伝えたい」という時は、的を絞って手紙を書いてみてください。ここでの手紙は手書きである必要があるので、その点も注意してくださいね。

さて、今回の関連記事をご紹介しておきます。併せて読んで頂くことで、手紙の書き方についての知識を深めて頂くことが出来ます。

上手く書けない時の処方箋


いざ手紙を書こうと思っても、全く筆が進まない…ということもありますよね。「書いてはみたけれど、全然意味が分からない!もっと上手く書けないものか?」とか、「何から書けば良いのか分からない」ということもあると思います。

そこで、手紙を書こうと思っても、なかなか筆が進まないという場合、この記事を参考にしてください。

参考ページ:手紙の書き方。手順について