手紙が上手く書けない

別居しているご主人にメールや手紙文を書こうと思っているけれど、なかなか書けないと言うことはありませんか?

どう書けば、夫が夫婦関係を修復したいと前向きに考えてくれるようになるのか?別居を解消したいと考えてくれるのか?など、考えることが多すぎて、どう書けば良いのか混乱してしまいますよね。そこで今回は、別居しているご主人に手紙やLineを送りたいけれど、どうしても書けない…という人のために、「簡単な書き方の手順」についてお伝え致します。

ご相談者様ご相談者様

私も別居している夫に、手紙を書こうと思っているんですがなかなか筆が進まないんですよね。。そもそも何を書けば良いのか?もっと上手く伝えないといけないのではないか?など、不安ばかりが先行して、結局「明日でいいや」となって、それが毎日続いています。どうすれば良いですか?

良い文章を書こうとしない

Lineや手紙が書けない最大の理由はなんと言っても「良い文章を書かないといけない」という意識です。この意識があると、どうしても最初の1行目からメッセージ内容に困ってしまいます。なのでまずは「良い文章を書かないといけない」という意識を取り払うことが重要です。

厳密に言えば「手紙やメール/Lineを送る最後の段階」では、それなりに良いメッセージ内容に仕上げなければいけません。しかし、「良いメッセージ内容」を最初からつくる…というのは、ほとんどの人にとって現実的なことではありません。

つまり、「一度で、良い文章を作ろう」と思う事が良くないわけです。通常、Lineのメッセージや手紙文というのは、一度で書いて完成させると言うことではなく、何度も修正をし直して、次第に良いものに仕上げていきます。ですから「一度で良いものを書こう」とする必要はありません。

一度で良いメッセージを書かない

「何度でも修正出来る」。この意識で書こうとすれば、大分、心理的なハードルは下がっていくのではないでしょうか?

手順としては箇条書きから

また、最初から文章を書こうとする必要もありません。まずは、自分の伝えたい事を箇条書きで書くことから始めていきましょう。

「文章を書こう」と思うと、気が重くなってなかなか進みません。しかし、箇条書きで良いのなら、比較的簡単です。

箇条書きとは例えば…

  • 1.別居して会えていない子供の成長について伝えたい
  • 2.義母から連絡があったことを伝えたい
  • 3.最近の仕事の様子について聞きたい

というように、箇条書きであれば、書き留めることが可能です。

ただ、ここで注意したいことがあります。

それは1通の手紙で複数の種類のトピックを伝えない、ということです。例えば…

  • 1.子供の事について相談
  • 2.別居を解消したいこと
  • 3.夫婦関係を修復したいこと

このように、通常、複数のトピックになればなるほど、全体として何が言いたいのか?というのが分からなくなってしまうのです。ですので、最初に何か1つの伝えたい重要なトピックを決め、それに沿って、箇条書きで順番に伝えたい事を伝えるという手順を守ってみてください。

箇条書きで1つのトピックに沿って、伝えたい事を順番に並べたら、あとそれを少し肉付けして文章にしていくという形で進めていきましょう。

書き方の手順のまとめ

今回は、別居している夫に手紙を書きたいけれど書けない。そんなときの対処方法として、手順を紹介しました。まとめておくと…

  • 1.1つのトピックを決める
  • 2.箇条書きでトピックについて伝えたい事を順番に書き出す
  • 3.箇条書きされた内容を肉付けしていく

以上、別居しているご主人に手紙を書くことが困難だという場合、上記の手順で進めてみてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

手紙についての関連記事

さて、今回の胃が美濃書き方についての記事はどうでしたか?

手紙で書くときは、口頭で話しをするよりも、伝える順番が大切です。出す前に何度もで修正が出来るのですから、繰り返し書き直してみてください。そうする度に、良いものに仕上がっていきます。その際には今回のお話が役立てば幸いです。

さて、さらに手紙の書き方について知識を深めたいということであれば、次の記事併せて読んでみてください。

効果を上げるには?

別居中に手紙を書く

手紙の書き方について手順はバッチリ!でも、もっと効果的に書きたいとか、手紙の書き方について注意すべき事は何か?など、詳しい情報を知りたいと思いませんすか?

そこで、手順の次に抑えておきたい、書き方について下記に解説しています。併せて読んでおくことで、理解を不かめることが出来ます。

参考ページ:別居中、効果的に手紙を書きたいなら