四六時中、夫のことで悩む

四六時中、別居したご主人の問題を考えていると、それが生活の中心になってしまいます。そうなると、次第に自分の生活は全てご主人の問題で、支配されることになります。

掃除をしていても、夫の問題について考え、子供と遊んでいても、不安で気持ちがどんよりしてしまう…。

このように、別居したご主人の問題で、生活時間がどんどん支配されていきます。これでは自分の生活が台無しになってしまいますよね。そこで、今回は、夫の別居問題で振り回されないための方法についてお伝えします。

考えない時間をつくる

このように、別居した夫に振り回されないためには、2つの方法があります。

1つ目は「あえて問題について考えない時間をとる方法」。もう1つは逆に「問題だけを考える時間をとる方法」です。

前者は例えば、生活する時間が100%だとすれば、今は、その多くの時間、例えば、99%くらいがご主人の問題を考えながら生活しているかも知れません。

その領域を10%でも良いので、減らせないか考えてみましょう。単純に別の事に意識を向ける(問題について考えない時間をつくる)というようにする、ということです。

例えば、趣味に没頭すると、そのときだけはご主人の問題に悩まされないで済むのであれば、それは良い方法です。

あえて別居について悩む

また、後者の方法は、「問題を考える時間」をあえてつくる方法です。

例えば、一日の生活の中で、あえて「悩む時間」を決めておきます。例えば、それを毎日、夕方5時から6時まで「悩む時間にする」という風に決めておくのです。

そして、それ以外の時間に、何かご主人の問題について気になることが浮かんできても、「5時になったら考えよう」と思ってその場では考えないようにする、ということです。

メモ帳でもポケットに入れておいて「悩むための時間以外」で、気になることが出てきたら、とりあえずそのメモ帳に全て記入しておいて、後は忘れるようにします。そして、メモ帳を「悩む時間」が来たら見直して見る、という風に進めていきます。

まとめ

前者と後者、どちらの方法でも良いですが、ポイントはご主人と別居した後の生活全般のバランスを取り戻す、ということです。

夫との別居問題に振り回されないための方法について注釈
今は、大半がご主人のことで悩まされているのなら、それはバランスを失っていると言うことですよね。だからこそ、バランスを取り戻す事が大切です。

バランスを取り戻すと、自分の生活が問題に支配されているのではなく、自分が生活をコントロールしているのだ、という実感が湧いてきます。それはつまり、自分が物事を変えていくことが出来るのだ、という主体性を取り戻すことが出来る、ということです。

もし、あなたが生活のバランスを崩しているのなら、ぜひどちらかの方法を試してみてください。