別居してから、ご主人と何度か話し合いをする機会があります。しかし、こちらは話し合いが必要だと思っていても、ご主人は必ずしもそうとは限りません。このようなとき、どう対応すればいいのでしょうか?

例えば、「離婚する気になった?」などと旦那さんが聞いてきて、それにこちらが同意しないと、機嫌を損ねて、「もう会わない」などと、言い始める状態です。自分と意見が一致しなければ、もう全てダメだ・・・のような考えで臨まれると、あなたとしても困惑してしまうと思います。

そこで、例えばご主人には「一方的に私の離婚しないという意見を押しつけるつもりはないけど、話し合いというのは、お互いの意見を出し合って、より良い結論を導くことだと思う。だから、意見が一致しないことに、イライラすることもあると思うけれど、問題を早く解決するためにも、冷静に話し合いを続けていきましょう」という感じでメッセージを伝えていきましょう。

離婚する、しないという結論以前に、まずはご主人には、きちんと話し合いの意義を理解してもらわないといけないと思います。その意義が分かっていなければ、ご主人も話し合いに臨む姿勢がいいかげなままになってしまうのです。まずは意義から、しっかり理解してもらうことが大切です。