お金の管理が原因で離婚問題に発展

家計管理は、夫婦関係の土台を築く上で実は非常に大切です。

そのため、もしあなたがお金の管理が甘くて、けっこう無駄遣いが多い、と言う場合、案外それが離婚や別居の問題の原因になっているかも知れません。

愛情も大切だけれど、経済面も同等

ご主人が「家計管理を不満に思っている」と直接、伝えてくれるかどうかはケースバイケースですが、心当たりがあれば、見直して見ましょう。結婚生活は、愛情も大切ですが、

一方で、「現実の生活をしていく」という側面もあります。お金の使い方がいい加減・・と思われてしまうと、「これでは将来、しんどい生活を強いられる」と、ご主人が離婚の意思を固めてしまうことがあるのです。

家計簿をつける

そこで、もし、あなたが家計簿なんてつけたことがない、ということであれば、ぜひ実践してみてはどうでしょうか?もちろん、家計簿をつけても、無駄遣いが沢山あることが分かっただけではいけないのですが、きちんと現状を把握すれば、どこを直せば良いのか?というのも、分かりやすいですよね。

結婚生活を送る上での役割を果たす、という意味でも、重要なので、ぜひ検討してみてください。また、どうしても、自分には家計簿管理は向かないと思うのであれば、この機会にご主人に役割を任せる、ということも考えても良いかもしれません。

まとめ

今回は、お金の管理と離婚問題についてお伝えしました。その他、夫婦関係の修復に関する具体的な内容については下記ページからニュースレターを無料登録してみてください。

関連記事

ここで夫婦関係に関して関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、より知識を深めていただけます。

幼少期からの影響?


幼少期にどんな体験をしたのかが夫婦関係にも影響する?確かに、影響はありますが、今の問題を解決するためにはそのことばかりを考えていたのでは現実的に厳しいという面があります。その詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:幼少期の愛情不足が、夫婦問題の原因?

話し合いの前にすること


話し合い本番で、全力を尽くすことはもちろん大切です。しかし、本当に結果を左右するほど大きな影響を及ぼすのは、それまでに何をするのか?という点です。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:話し合いで大切なのは本当は「その前に何をする?」という点

自分の考えが正しい


夫の考えは間違っていて、自分の考えこそだたしいのだという思いが強ければ、夫婦げんかに発展しやすく、それだけ後退していきます。詳細は下記よりどうぞ。

参考ページ:夫の考えは間違っている