別居にまで、夫婦問題が発展してしまう原因の1つとして良くあるのが「話しを聴かないから」というものです。これが、夫婦仲に亀裂を生んでしまっているのです。

ご主人が口にするかどうかケースバイケースですが、良くある不満の1つが「自分の話を聴いてくれない」というものです。これは、女性も同じかも知れません。

ただ、このような状態が長く続き深刻化してくると、ご主人はたいてい殻に入っていきます。「もう、何も話さない」となり無視したり、仕事のことも、自分の気持ちも、一切話しをしてくれなくなります。

このような場合、どう対応していけば良いのでしょうか?旦那さんが殻に入ってしまうと悩みも深刻化していきますよね。

このような場合、あまりしつこく「仕事の話しをするように」とか「あなたの気持ちを言うように」などと伝えると、余計、何も言ってくれないと思います。ですかに、例えば、ご主人には「私にあきれていて(あるいは、『怒っていて』など)仕事の話しもしたくないと言う気持ちもあるかも知れないけれど、しっかりあなたの考えていることなど聴きたいと思うから、気が向いたらで良いから、いつでも話しをして欲しい」とは、伝えておいてはどうでしょうか?

実際には、話しはしてくれないかも知れません。しかし、「聴く意志はある」ということは、伝えておいた方が良いと思います。

その意思も伝えていないと、おそらくご主人の心の中で、どんどん事実が変わっていき「奥さんは俺のことには関心もないし、どうせ給料さえいれればよいと思っているに違いない」という具合に、勝手に悪い妄想をされる可能性があるからです。

多くの人は「それを言っても、どうせ夫の行動は変わらないから」ということを理由に、何もご主人に対して言わない、ということを決断しがちです。もちろん、メッセージを伝えても、必ずしも、ご主人の行動が変わるわけではありません。しかし、行動が変わらなくても、ご主人にこれ以上、殻に入らせない、あるいは、離婚の回避になるという意味では、非常に重要な意義がある、ということも多々あります。

ですから、目に見える変化以外にも注目して、夫婦関係の修復を進めていきましょう。さらにこのブログより詳しい内容はこちらの夫婦関係修復ニュースレターをご覧下さい。