ご主人から強い離婚要求があるときや、家庭内別居が続いているとき、話し合いの機会がもたれることがあります。しかし、その場で多くの人が「私は離婚しない」あるいは「俺は絶対に離婚しかない」ということを主張することに終始してしまっています。これでは、改善できる見込みは薄いです。そのまま家庭内別居が継続してしまうだけです。場合によっては対立が激しくなるという結果にもなり兼ねません。

そこで、まず、初歩の内は、「離婚しない」という断言的な発言を控えるようにしていきましょう。それを断言してしまうと、話し合いの内容が「離婚す、しない」ということに終始してしまうのです。しかし、ご存じのとおり、これでは、話し合いがずっと平行線を繰り返すだけで、何の実りもありません。では、離婚いするかしないか?ということをご主人から質問された場合はどうすればいいのか?その場合は、「離婚する、しないということに関わらず、お互いにとって良い結論を見つけていきたいと思う」ということを伝えましょう。

お茶を濁しているように受け取られるかもしれない?大丈夫。話し合いとは、そもそも、元々お互いが考えていた結論を上回るより良い第三案を見つけることこそが目的ですから、堂々とそのことを伝えればいいのです。