夫婦関係は一直線には良くならない

別居の解消に向けて取り組んでいるときや、夫婦関係修復に取り組んでいるとき、通常、まっすぐ、直線的に物事が解決していくということは起こらないです。例えば「今日は、夫と会話が出来るようになった。さらに3日後には、一緒に外出できるようになった。1週間後には元に戻った」という具合に、ただただ直線的にスタートからゴールに向かっていけるわけではありません。

スグ解決することを期待してしまう

しかし、渦中に自分がいて日々努力をしていると、どうしてもその直接的な解決が訪れるのではないか?ということを期待しがちになってしまいますよね?

しかし、このような過剰な期待は、時に自分の気持ちをいつも以上に落胆させてしまいます。「スグに上手くいくに違いない」と思っていると、現実はそう簡単ではないことも多いので、少し行き詰まると「思った通りに進まない。もうダメだ」と気持ちが大きく落ち込んでしまいます。

夫婦関係を修復して行こうと思ったとき大切なのは、そのように楽観視しすぎた展望を持たないことです。これは夫婦カウンセリングの場でも、常に気を遣っている点です。

紆余曲折して夫婦関係は修復する

現実的には、夫婦関係は紆余曲折しながら、全体として前進していくという形をとります。短期的には山あり、谷ありですが、最終的に夫婦関係が良い方向に変わっていく。このような現実的な展望を持って臨んでいきましょう。

たとえば、これから100メートル走の短距離走なんだと思って、別居の解消に向けて頑張っていたら、実は42キロあるマラソンだった・・ということになれば、気分的な落ち込みも相当なものです。もちろん、短距離走であればとても幸運と言えるかもしれませんが。

しかし、現実の夫婦関係の修復は、短距離走とは限らないです。なので、どんな時も長期的視点をもって取り組むようにしましょう。長期的視点をもって取り組むと、仮に短距離走であればそれは問題がないということですし、長距離走になったとしても、覚悟を決めて始めたわけですから、十分最後まで夫婦関係の修復をやり遂げることができます。

これは「悲観的に考えましょう」ということではありません。現実的に考えましょうということです。そして、現実的に考えると、夫婦関係の修復は、より近づいてきます。

現実的に考える