別居が決定してもやっておくこと

「夫婦関係は終わった。別々にもう暮らしたい」。そうご主人が言ってきて別居が決まってしまうことがあります。

このように別居になったとしても、必ずやっておくべきことがあります。その1つは、別居後も連絡は取れるようにしておくということです。

逆に言えば、別々に暮らして、音信不通になってしまうというのが一番まずいということです。

連絡が取れないということはつまり?

もし別居後、音信不通になってしまったらこれは、夫婦関係を修復していくどころではありません。連絡自体がとれないということは、夫婦仲を改善していく方法がないということです。

ポイントの解説
なので、もし別居が決まってしまったらねこのように夫に伝えることを考えてみてください。

「別々に暮らすことには賛成できない。ただ、それでいくらかでもそれであなたの気持ちに余裕ができるのなら今回はあなたの言うとおりに進めたいと思う。しかし、このままずっと夫婦関係を平行線で続けていくのはお互いのためにならないから、連絡だけは取れるようにしてほしい」

ということを伝えておきましょう。

具体的な連絡手段を確保

具体的には、別居が始まる前には、メール/Lineで連絡をとれるようにしておく必要があります。

もちろん、電話でもかまいませんが、電話は案外すぐに拒否されることが多いのでねメール/Lineなどで連絡が取れることを確保したほうが、より確実です。

ともかくこうやって、夫婦仲を改善していく方法を確保しておかなければいけません。メール/Line、電話、住所を確認する、など連絡手段はできる限り1つでも多く確保しておきましょう。

こういったことは、別居後からでも実行できますが、そこで承諾をもらっていくのは実は大変なことが多いのです。簡単に拒絶されることも多々あるのでね別々で暮らし始める前にその承諾をもらっておいてください。その方がずっと簡単です。