別居後は生活費が心配

別居になるというときに一番、問題なのは生活環境と生活費のことです。

たとえば、自分が働いていない、そして、ご主人も別居後、生活費を払ってくれない可能性が高いなどこのとです。このような場合、あなたならどうしますか?

最近はネット検索すると「婚姻費用の申し立てをすべき」という法的手段に訴えると言うことが言われているので、あなたもそうしてしまうかも知れませんね。

しかし、実はそれは離婚危機を招く非常に危ない行動です。

離婚リスクの高い行動

夫が突然、別居して生活費に困った!そういうときに、すぐに婚姻費用の申し立てをするのは待ってください。

もちろん、ご主人に生活費を払う義務があったとしても、スグに法に訴えるのは、関係性に重大な問題を引き起こす可能性があります。ご主人からすれば、「あなたが法的手段に訴えるのならも、自分もそうします!」というように、同じ対応を誘発する可能性があるからです。

なので、あまり早急にそのような対応はしないように気をつけてください。できる限りそれ以外の方法で解決したいものです。

夫に生活費の事で話し合い

別居中の生活費のことについては、日々の生活もあるため、できる限り早急に決めたいところですよね。毎月の支払いは待ってくれないからです。

そこで、別居が始まる前後には、できる限りはやめに連絡をとってみてください。「別居後、すぐに連絡を取るのは良くないのではないですか?ネットにそう書いてありました」ということを心配する人もいると思います。

しかし、その心配よりも、生活費が支払われなくなる事が日常感する事の方が遙かにリスクが高いです。ですので、個々はあまり躊躇せず、早めに生活費の事を決めるようにしていきましょう。

別居になって困ることの関連記事

さて、今回の『急きょ別居になって困ること』の記事はどうでしたか?

別居になってまず大事なのは、生活費の確保です。そして、万が一、生活費について何も決めないで、別居になった場合は、できる限り早めにご主人にそのことで連絡を取ってみてください。「別居直後はあまり連絡を取らない方が良いのでは?」などの心配は無用です。

それよりも、生活費が支払われない状態の方が遙かに状況としては良くないからです。ですので、ここは躊躇せず連絡をしてください。では、別居後の生活費に関する関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、知識を深めて頂くことが出来ます。

生活費が支払われてない

別居後の生活費を督促
既に生活費が滞っている。もしそのようなことがあるのであれば、下記のページが役立ちます。ここでは、生活費の督促方法についてや、そのマインドについて解説しています。どうメッセージを伝えれば良いのか?なども解説していますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

参考ページ:生活費の督促方法やマインド