家庭内別居の状態から最初にすべきこと

家庭内別居のようにご主人と関係が悪化しているとき、最初に何をすべきでしょうか?答えは色々あると思いますが、重要なステップの1つは「最終的に築きたい夫婦関係」を考えることです。

それはどういうことか…というと「自分が最終的にどのような関係になりたいのか?」ということを文字でも、イメージでも具体化しておく必要があるということです。例えば「最終的には、嘘をついたり、隠し事のない夫婦関係にしたい」などのように、自分の目標とする夫婦関係を決めておくということです。

なぜ目標を決めるのが大切?

なぜそれをしていなければいけないのか?

実は自分が最終的にどんな夫婦関係を築きたいのかということを明確にしておかないと、目先のことばかりにとらわれてしまって、つまらないことに目を奪われ、感情的にもブレブレになってしまうということです。例えば「夫が浮気している!」と思ったら、探偵に頼んで証拠を集めて、それを突きつけて責める。結果として夫婦関係も破たんして離婚になる…ということだと、何のために行動したのか分からなくなりますよね?

このように最終目標をきちんと決めておかなければ、結局、目先のことにとらわれて臨まない結果を招くと言うことになります。

その後にやることは?

では、最終目標が明確化してきたら、次に何をすれば良いのでしょうか?

それは「私の今のやっていることは、本当に最終目的のために役に立つことなのだろうか?」という基準を自分の中に作ることです。

自分が夫婦関係を修復して行くたるめにとる行動は色々あると思います。そういった行動が、本当に自分の最終目的と合致しているのだろうか?ということは、常に確認して進めていく必要があります。この基準がある人と、ない人とでは、結果がまるっきり異なることになります。

常に自分の行動が、目標の達成に合致しているのか?ということを確認しながら進めていくことは、結果として「前からこういう関係を築きたかった」という状態に到達していきます。

例えば、自分が大阪にいて東京に行きたいのであればそれが目標です。そして、電車に乗る度に「これは東京行きになっているかな?」と言うことを確認しながら進んでいくということです。別居の解消や夫婦関係の修復をしていきたいと考えているのであれば、今のうちに、どんな夫婦関係を築きたいのか?をまずは明確にしてみてください。そして、これからとる行動が、自分の最終目標と合致しているのか?それを常に観察しながら進めてみてくださいね。

行動派ゆっくりでかまいませんが、着実に進めることが大切です。

関連記事

さて、今回の『家庭内別居の対応で、最初にやるべきことの1つは?』についての記事はどうでしたか?

夫婦関係を修復していこうと思ったとき大事な事の1つは最終目標を決めておくということです。これを決めておけば、目先のことに振り回されないですし、目標を決めていなければ、最終的に自分の望んでいない結果を招くと言うことにもなりかねません。

ですので、夫婦関係の修復をする際に目標を目来ておくことは大切です。そこで、このことについての関連記事を紹介しておきます。ぜひ合わせて参考にしてください。

正しい目標の立て方

具体的な目標の立て方
目標を立てることは夫婦関係の修復にとって大切です。しかし、その立て方が下手だと、実は逆効果になることもあります。ここでは、正しい目標の立て方とその活用方法について詳しく解説していきます。ぜひ、この記事を参考にしてください。

参考ページ:「夫との関係を修復したい」という願望の叶え方