夫への不信感!夫婦関係にも悪影響

これまでの夫婦仲の悪化から、夫のことが信じられない!という気持ちになっていませんか?

例えば、夫の話しを聞くときは「また、嘘を言っているのではないか?」と思ったり、メール/Lineなどのメッセージを読んでいるときも、つい「旦那は、表面的に良いことを言っていても、裏があるのではないか?」などのように悪く解釈してしまうということもあるかもしれません。

このような夫への疑心暗鬼な気持ちは、次第に夫婦関係を蝕んでいきます。素直に相手の話を聞くことも出来なくなり、夫のことをいらだたしく見てしまうものです。

そこで今回は「夫に対して疑心暗鬼になって、信頼できない。悪く見てしまう」そんな自分を変えるための方法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も夫に対して信じられない気持ちになっています。嘘をついて女性に会いに行くし。こんなことがあると不信感で一杯です。でも、その気持ちを何とか断ち切りたいのですが…

信じられなくなった原因

夫のことを信じる事が出来なくなってしまう原因は人それぞれですが、夫婦カウンセリングでの経験上次の3つが多いように思います。

女性関係

夫への信頼をなくしてしまう一番の原因と言っても良いかもしれませんが、女性関係で信頼をなくすケースは昔から多いです。例えば「勝手に女性と2人でご飯を食べに行っている」とか「携帯でコソコソ連絡を取り合っている」など。実際に何度も不倫や浮気を繰り返すと言うこともあると思います。

このような女性関係で夫のことを信じる事が出来ないという状態になっていきます。

お金

夫が勝手に借金をしていたなどのことも、信じられなくなる原因の1つです。例えばパチンコでお金を数十万、数百万単位で借りていたなどの話しはよくあることです。

あるいは、教育資金など貯蓄していたものを勝手に使うなどのこともあります。こういったお金関係も信頼に直結することになります。

妊娠中の出来事

妊娠中の夫からの発言が心ないものだった、行動が酷い…ということがあったり、妊娠や出産時に、夫の親が来てくれたけれど心ない発言を言われたけれど、夫は何もそのことについて対応してくれなかったなどのこともあると思います。

経緯は ケースバイケースですが、妊娠期間中の出来事もやはり夫への信頼を失ってしまうことによく結びつくことが多いです。

スグに気持ちは戻らない

夫のことを信じられなくなる原因はここで取り上げた3つ以外にも様々あると思います。そして、個々に不信感が生じる原因については対処する必要があります。
例えば、夫の裏切り(不倫や浮気)で、信頼を失ったのであれば、その浮気の対策はとらなければいけません。借金があったのならその返済計画や、夫のお金の使い方について話し合いなども必要だと思います。

ただ、こういった個々の具体的問題に対処したとしても、それでもやはり自分の心の中には「夫のことを信じられない」という気持ちが残ってしまいますよね?

対策をとったから、すぐに「もう これで信頼出来るぞ!」というように気持ちが戻るわけではありません。

そこで、次はこの、自分の中にある夫のことを信じられない気持ちをどう払拭すれば良いのか?と言うことについてお伝えします。

気持ちを変える秘訣は表情にあり?

夫のことを悪く見てしまう際の解決策はズバリ、自分自身の表情にあります。

というのも、心理学の世界ではJames(1890)が言うように、自分の顔の表情で自分が今、どんな体験をしているのか?ということを判断する習性があるからです。

例えば、ニコニコしていたら「自分は今、楽しい経験をしているのだな」と実感したり、しかめっ面をしている場合は「あっ自分は今、苦痛な体験をしているのだな」と感じています。

つまり、自分の表情から、自分の体験していることがポジティブなものなのか?ネガティブなものなのか?ということを判断する材料にしているのです。
表情と感情についての図解
これを逆手に活用すれば「相手のことを悪く見てしまう」、「相手に対しての疑心暗鬼な気持ちがある」などのネガテイブな感情を払拭するということが可能になります。つまり、先に「望ましい表情」をつくっておけば、体験する際の感情をある程度、コントロール出来るということです。

疑心暗鬼な気持ちを払拭する具体的方法

実際に活用する際にはこうやります。

例えば、相手の話を聞くとき、もちろんその話の内容にもよりますが、穏やかな表情でウンウンと頷きながら話を聞くようにします。あるいは、相手から送られてきたメール/Lineを読むときには、極力、ニコニコしながら読むというようにします。

すると、その相手の話が今までよりも、肯定的に聞き取れるようになりますし、相手からのメール/Lineメッセージに対しても素直に受けとれるようになっていきます。

つまり「体験してから表情がつくられる」というのが普通の普通の順番です。しかし、これを反対にして「望ましい表情を先につくっておいて、物事を体験する」ようにするということです。こうすることで意図的に感情を帰る事が出来ます。
感情を変える方法の図解
もちろん、1回やればすぐにそうなれるとは限りませんが、自分の表情を意識して変えるようにすることで、相手からのメッセージを違った印象で受け取ることができるのです。

それを積み重ねていくと、結果として、夫への否定的な感情を変えていきやすくなります。

実証

このことは、科学的にも証明されています。イリノイ大学Maya Tamir博士らは、自然の風景のポスターを鑑賞してもらい、評価してもらうという実験を行いました。

『Are We Puppets on a String?』論文
出典:SAGE Journals

ただし、あるグループには1分間、笑顔を作ってもらい鑑賞をしてもらいます。一方、別のグループにはしかめっ面をしてポスターを鑑賞してもらうというようにしたのです。

すると、笑顔でポスターを鑑賞したグループの感想は「とても素敵だ」「美しい色使いだ」とポスターに対して高評価がもたらされました。一方、しかめっつらをしてポスターをみたグループは、ポスターに対してネガティブな評価を付けたのです。
実験を解説する図解
このように、自分がどんな表情して、その対象のものを観るのか?ということによって、心で感じる印象が180度正反対のものになってしまうということです。

まとめ

今は、夫のことが信じられない!と疑心暗鬼な気持ちがあるかもしれません。しかしそれがあると、夫婦関係も日に日に悪化していきますよね?態度が悪くなってしまいますし、時には嫌味や反発をしてしまうこともあると思います。

夫婦関係を悪化させる原因となる、この自分の疑心暗鬼な気持ちを一刻も早く解消するためには、表情に注目してみてください。笑顔をつくって夫の話を聞いたり、メール/Lineを読んだりすれば、肯定的にメッセージを受け取れるようになります。

一方。不愉快な表情をして相手の話を聞いたり、メッセージを読んだりしていたら、心も不愉快になり相手に対して益々疑心暗鬼な気持ちになっていきます。これを専門的にはフェイシャル・フィードバック効果と言います。ぜひ、相手を信頼できる状態に変えてくためなも、このテクニックを活用してみてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。