夫の暴言で傷つく

夫から、暴言を言われて傷ついてしまった…と言うことはありませんか?

夫婦関係を修復していく際には、ご主人から「結婚しなければ良かった」「もうあなたのことはウンザリだ」など、様々な暴言を受けることがあります。

こう言った発言は、本当に気持ちが落ち込んでしまいますよね。。しかし、この嫌な感情は早く拭い去りたいもの。そこで、今回は「夫から暴言や文句を受けたときの嫌な気持ちを切り替える方法」について詳しくお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も以前、暴言を言われて今でもそのことを引きずっています。何度思い出しても、嫌な気持ちになって修復していく気力が削がれてしまいます。

気持ちを引きずることの弊害

まずは、気持ちを引きずってしまうと、どういうことになってしまうのか?と言うことからお伝えします。

ミシガン大学のブッシュマンらの研究によると、被験者の人達を次の2つのグループに分け次のような実験を行いました。

  • Aグループはイライラすることを最大、8時間考えてもらう
  • Bグループは別の関係ないことについて考えてもらう

その後、A、Bグループが集団で作業を行います。すると、Aグループの人は、作業の要領が悪い人などがいたら、嫌味を言ったり、攻撃的な発言をしたり、八つ当たりするような行動がみられた…というのです。

論文
出典:Chewing-on-It-Can-Chew-You-Up

このようにネガティブな気持ちを引きずると、次第に自分が適切な行動をとれなくなり、さらにネガティブな状況を自ら招いてしまいます。

つまり、悪循環を作ってしまうと言うことですね。

こう言った点から言っても、気持ちを引きずらないよう対処方法を今の内に学んでおきたいものです。

忘れる努力は逆効果

気持ちを引きずらないようにするために、多くの人がやっていることは実は適切ではありません。

例えば、あなたがご主人から何か暴言を言われ、その発言がいつまでも頭から離れないということはありませんか?

そして、そのことについて、考えないようにしようと思えば思うほど、かえって、そのことについて考えてしまうこともあるのではないでしょうか?
気持ちを引きずることの図解
アメリカのノートルダム大学のランドヴァンスキー博士はそのようなときは「嫌な出来事について忘れようと思うより、何か新しいことをすべきだ」と言うことを主張しています。

博士の実験にでは、まず被験者におもちゃのブロックで作業をしてもらいました。そして、Aグループには、作業途中で部屋を移動すると言う、ブロック作業とは全く別の作業を途中に入れたのです。

すると、部屋を移動するという全く別の行動をとったグループは直前にしていたブロック作業について、何を自分はしていたか忘れやすくなったというのです。

これは、部屋を移動するという新しい刺激が加わることで、短期記憶が上書きされてしまったために起こった出来事だと考えられています。

この実験から言えることは、新しい行動をとれば、それだけ過去の記憶について忘れやすくなるということです。

つまり、いつまでもネガティブな気持ちを引きずってしまうということがあるなら、「そのことについて考えないようにしよう」などのように、忘れる努力をするのではなく、全く別の新しい行動をとることによって、結果としてとらわれていた感情を払拭することが出来るということです。
行動のポイント

気持ちを切り替える方法

もう1つ別の実験も紹介しておきます。

プリスマ大学のブラウン博士らは、被験者が「食べ物をもっと食べたい、お酒をもっとのみたい、タバコを吸いたい、性欲を満たしたい、あるいは遊びに出かけたいなど、あらゆる衝動が起こったときに、スマートフォンでテトリスというゲームをするようにしてもらいました。

すると、テトリスをするという衝動とは全く別の行動をとることによって、これらの衝動を5分の1まで抑えることが出来たというのです。
実験の図解
ノートルダム大学のランドヴァンスキー博士の実験と類似していますが、共通している点としては、ネガティブな気持ちでも、何かをしたいと言う欲求であっても、そのこととは全く関係がない別の新しい行動をとることで、感情を断ち切ることが出来るということです。

そこであなたも、もしいつまでもクヨクヨしてしまうとか、イライラが止まらないとか、あるいは、相手のスマホを調べたいという気持ちがとまらないなどの時には、何でも良いので、新しい別の行動をとってみてください。そうすることで、それらの感情を急速にトーンダウンさせることが出来ます。

まとめ

今回は、夫から暴言を言われ、そのことが忘れられないで辛い気持ちを引きずってしまう場合、どう対応すれば良いのか?ということについてお伝えしました。

対処のポイントは「言われた暴言について早く忘れよう」と努力するのではなく、全く違う行動を積極的に取り入れる努力をする、という点です。全く違う行動というのは、例えば「暴言を言われたことが気になりそうなら、早速、近所をウォーキングする」などのように対応するということです。

このように、別の行動を積極的に取り入れて、暴言を言われて引きずってしまう気持ちを浄化させていきましょう。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

よくある質問と回答

Q&A
ここでは『夫に言われた暴言が忘れられない!気持ちを切り替えるには?』の記事に関するQ&Aをご紹介します。

Q.この方法でネガティブ感情全てに対処できますか?

今回の「忘れる努力ではなく、別の事に意識を向ける」という方法が気に入りました。この方法で、ネガティブな感情は全て解消することが出来るでしょうか?

Answer(1:37)

御質問ありがとうございます。ただ、残念ながら答えはNoです。というのも、唯一絶対のネガティブな感情を解消するための方法というのは、存在しないからです。詳細は下記の音声でどうぞ。

関連記事

さて、今回の『夫に言われた暴言が忘れられない!気持ちを切り替えるには?』についての記事はどうでしたか?

過去に言われた酷い発言は、一刻も早く忘れたいものです。しかし、「忘れよう」と意識すればするほど、心の中で言われたことがずっと残ってしまいますよね?

今回のように、新しい活動に取り組む事で気持ちを払拭してください。「そんなの大して効果ない」と思ってしまうかも知れませんが、実際には、とても有効です!

さて、その他、関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、暴言や気持ちのコントロール方法についての知識を深めて頂くことが出来ます。

暴言などで話し合いが怖い


話し合い中に、夫から暴言を言われるのではないか?そういう不安があると、話し合いのも嫌になってしまいますよね?そこで、ここでは具体的に話し合いが怖くなる原因と、その対策についてお伝えしています。

参考ページ:夫と話し合うのが怖い

家庭内の空気が緊迫

家庭内が緊迫
完ぺき主義の友人。何でもテキパキ、100点万点を目指しているのすが、それで返って家庭内の空気が緊迫した状態に。夫は、息苦しさを感じて離婚問題に発展。彼女がとった意外な離婚回避策は?詳しくは下記の記事でどうぞ。

参考ページ:家庭の息苦しさを改善