良好な夫婦関係は想像の中から生まれる

引き寄せの法則はご存知ですか?簡単に言えば「自分に起こることは自分の想像したことからしか起こらない」ということです。2007年にはロンダ・バーン氏が『ザ・シークレット』という本を出版し有名になりました。この本では24人の成功者が引き寄せの法則を活用した成功談が紹介されています。

で、「引き寄せの法則とは、どんなもんなんだ?」ということですが、例えば「アメリカに行きたいな」と思ってもいないのに、ある日突然、目が覚めたとき「アメリカ旅行に行こう」とは思わないですよね。「アメリカに行きたい、アメリカに行けば、こんなことをしたい」という想像があって初めてそのための行動とり、そして現実化していきます。

そして、夫婦関係も同じで「このような良い関係をつくりたい」というイメージすることが常に先行します。「良い関係をつくりたいなど、夢にも思わない」という状態なのに、ある日突然、夫婦関係が良くなることはないです。だからこそ、想像すること。イメージする事が重要です。

そこで、今回は夫婦関係を改善するための引き寄せの法則について解説しています。

イメージのチカラ

自分に起こることは自分の想像したことからしか起こらないという引き寄せの法則ですが、そんなものは信じられないと思っているかも知れません。そこで、イメージすることのパワフルさを知ってもらうために、ある実験から紹介しておきます。

実験

フランスの研究者M. Brouziyne(ブロウジーン)は、一度もゴルフをしたことがない23名のボランティアを集めました。そして、全くの初心者がイメージをすることでどれだけゴルフの上達が見込めるのかを検証したのです。

実験の流れはこうです。

最初にゴルフのスコアを付けるために全員にグリーンの周りからボールを打ち、カップに入れる短い距離のショットを打ってもらいました。ゴルフの世界では、アプローチショットと言われているものです。その後、実際にプロのコーチから指導を受けながらゴルフの練習を積むAグループと、上手くできるイメージを積むだけのBグループ。そして、何もしないCグループに分けました。
実験の図解
イメージトレーニングをするBグループ頭の中でショットを打って、ボールがどのように飛んでいき、地面に落ちてどのように転がってカップに入るか…ということを繰り返し想像してもらいました。そして、実験では最後に、各グループに再度、アプローチショットを打ってもらい最初のスコアからどれほど上達したかを確認したのです。

すると、何もしていないグループは当然ですが一切上達した様子はみられませんでした。しかし、実際にコーチから指導を受けていたAグループと、イメージを積んだBグループでは、ほぼ同等レベルまで上達をしていたというのです。
thesis
出典:Mental Imagery Combined with Physical Practice of Approach Shots for Golf Beginners
このように、自分が上手くできる想像を繰り返し行うことで、実際に上達を図ることが出来ます。

ただ、M. Brouziyne(ブロウジーン)氏も伝えていますが、一番良いのは「イメージもして、実際の練習もする」というものです。これがもっとも成果が高くなります。しかし、イメージだけでも大きな変化を起こすことが出来るのです。

イメージをして現実を変えていく力になる「引き寄せの法則」は、もちろん、ゴルフだけに活用できるわけではなく、夫婦関係の改善にも役立ちます。

引き寄せの法則は何から取り組めば良い?

引き寄せの法則を夫婦関係の改善に役立てたい!そう思ったときどんなことから取り組めば良いのでしょうか?

多くの人は、おそらく「将来、夫婦関係がこんな良い状態になれば良いな」ということを漠然と想像するということを実践しているのではないでしょうか?それももちろん大切です。最終的に夫婦関係がどうなりたいのか?ということが明確になっていなければ、そのための行動をとっていこうとも思えないですよね。

ただ、「今の夫婦関係が悪すぎて、ここから良くなるなんて全く考えられない」という人もたくさんいると思います。特に当相談室は、最困難な状況を専門に対応しているので、とても未来の良い夫婦関係などいっさう、想像がつかない人もたくさんいます。

「じゃあ、引き寄せの法則は夫婦関係の改善には全く使えないのか」

と思ってしまいますが、大丈夫です。「最終的に目指す、良い夫婦関係」がイメージできなくても、まずは部分的に活用すれば大丈夫です。

引き寄せの法則を部分的に活用

「引き寄せの法則を部分的に活用する?」

そうです。例えば、次回の話し合いで「自分の意見を伝えられるようになりたい」とか「会話でいつも上手くしゃべられない自分がいるので、それが上手くできるようになりたい」など、普段、相手と接しているときに、今、困っている場面で上手く対応できる自分をイメージしてみましょう。

最終的に夫婦関係がどうなるのか?ということはおいておいて、まずは目の前の「今、困っている場面」を想像し、そこで上手く対処できている自分を想像していくということです。「夫婦関係に良いイメージが持てない」という場合、まずはそこから始めてみてください。

最初は1日数分でかまいません。引き寄せの法則を実践するのには、何か特別な道具も必要ないですし、場所も選びません。静かな環境で目をつぶって、自分が上手く対応できていることを想像するだけで大丈夫です。ぜひ、今日から始めてみてくださいね。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

イメージが苦手な人はどうする?

「良いイメージをすれば、引き寄せの法則で夫婦関係も良くなる」。そのことが分かっていても「私はイメージすることが難しい」など、苦手意識を持っていることもありますよね?

イメージする事自体が難しい。全然、良いイメージが湧いてこない。このような時にはどうすれば良いのでしょうか?

この場合、下記で紹介するコツを使って、あなたも引き寄せの法則を有効に活用してください。

「引き寄せの法則」は自分には難しい?

バスケットボール
天才バスケットボールプレイヤーである、マイケルジョーダンはご存知ですよね?

彼は試合で難しい局面にある時、常に1982年のNCAAチャンピオンシップ・ファイナルで劇的なプレイをしたことを思い出すようにしているとのことです。そして窮地に追い込まれたときに「大丈夫。これはもう経験済だから上手くできる」というイメージを瞬間的に行っていたそうです。

このように、過去に上手くできた経験のあることなら、「上手くやっている自分」をすぐにイメージできるので、引き寄せの法則の実践は簡単です。

でも、そもそも上手くできたためしがないと言う場合、引き寄せの法則を使って、成功イメージをしようと思っても、なかなか上手くできないですよね?

そこで、もしそういったイメージは出来ないという場合は、自分以外の誰かが、上手くやっているイメージをしていきましょう。

例えば、「テレビドラマをみていたら、素敵な俳優さんが、褒める言葉がいつも上手だ」と言うことがあったとします。それをしっかりテレビで何度も意識して見るようにして「自分はまさに、その素敵な俳優さんなんだ」と思い込むようにすると簡単に「上手くイメージ」を自分のものにすることができます。

引き寄せの法則を実践しようと思って、ゼロから上手くイメージをつくることが難しい場合、誰か上手くやっている他人をしっかりイメージしてみてください。そして、まさに自分はその人物なのだと、思い込むことによって、簡単に引き寄せの法則を実践することができます。

実験

「上手くやっている他人をイメージするだけで、本当に自分も上手くできるの?」と心配かもしれません。そこで、ある実験を紹介しておきます。

モスクワ大学のウラジミール・ライコフ博士によると、被験者に「あなたはウィーンの天才バイオリニスト、フリッツ・クライスラーです」とイメージさせて、実際に演奏をして貰うと、本当に演奏が上手くなったというのです。

モスクワ大学の論文
出典:The possibility of creativity in the active stage of hypnosis

ライコフは、他にも被験者に対して「あなたはフランスの数学者アソリ・ポワンカレ」のことを想像して貰い、「あなたはまさにアソリ・ポワンカレなんだ」とその人物になりきってもらう事で、数学の得点がアップをさせることも出来ました。
数学のテスト

類似した実験は他にもあります。アメリカのアイオア州立大学、フランク・グレシャム博士によると、対人関係で悩んでいた子供達に、対人関係で上手くやっている子供の映像を3週間にわたってみてもらいました。するとその被験者の子供達は次第に学校で積極的な行動をとることが出来るようになり、他人との関係性を上手くつくれるようになっていったというのです。

アイオア州立大学の論文
出典:Social skills training with children

このように、引き寄せの法則を活用しようと思っても、ゼロから自分が上手くいっているイメージをする事が難しいと思ったときは、既に上手くやっている人をみつけて、その人のことを観察して、頭の中に上手くいくイメージを取り入れてみてください。

例えば「話し合いが上手に出来ている、誰をイメージする」。「褒めるのが上手誰かを観察し続け、そのイメージ取り入れる」。このようにすることで、引き寄せの法則は、夫婦関係にも簡単に取り入れることが出来ます。