別居が始まったとき、気にかけておかないといけないことの1つが子供への対応です。特に子供の年がまだ幼いときは、注意が必要です。できる限り、別居している間は、お子さんと長く時間を過ごせるようにしていきましょう。時間が許す限りでかまいません。

また、別居して出て行ってしまったご主人のことを何と説明すれば良いのか?と迷ってしまうかも知れません。この場合、子供の年齢に応じて伝えるべき内容も変わっていきます。例えばまだ幼稚園・保育園で過ごしていると言うのなら、「夫婦で喧嘩をしている。お父さんは出て行った」などの説明は難しいと思います。お子さんが「自分のせいで出て行ったのだ」とも解釈しかねません。

どうしても、夫婦仲について触れる必要があるのであれば「今は、お母さんがお父さんと喧嘩をしてしまったけれど、お互い頭を冷やして、少し気持ちを落ち着けているときだからあなたは心配しなくて良いよ」という具合に伝えることはできるかも知れません。

あるいは、全く、夫婦仲について触れないという場合は「お父さんはしばらく仕事で忙しいから、職場の近くに引っ越して過ごしているんだよ。でも、日曜日は帰っては来て、あなたとできる限り過ごすそうだよ」のように伝えることもできるかも知れません。これは、事前にご主人とお子さんとの面会時間を話しをしておくひつようがありますが。

ともかく、置かれている状況は人それぞれなので、その状況に合った伝え方をしなければいけませんが、最大限、子供の心に傷をつけないようにしたいものです。