離婚や別居を切り出される!?

ある日突然、夫が「離婚して。それがダメなら別居して」と話を切り出してくることがあります。

そのようなとき、どう対処すれば良いのだろう?と困ってしまいますよね。

こちらも突然のことでショックを受け、ついご主人に「離婚なんて絶対しない!」と強い口調で反論してしまうこともあると思います。

しかし、感情的に反論してしまうと、ご主人の様子も一変することも多いのではないでしょうか?例えば…

  • ご主人が沈黙してしまい一切意見を言わなくなる
  • 切れて暴言を言ってくる

などのような態度をとられてしまいます。

そこで、今回は別居や離婚などの話し合いを切り出された場合の適切な対処法についてお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

確かについムキになって私も相手のことお構いなしに自分の言いたいことを言って大失敗したことがあります。相手のことを批判したり、離婚を全力で拒絶すると状況もさらに悪くなってしまいました。

話しを切り出された時の基本対応

「離婚して欲しい。それがダメならまずは別居」。このように話を切り出されたとき、まずは相手の話を『聴く』というのが基本の対応です。

そもそも「なぜ別居を相手が望んでいるのか?」など確かめる必要があるからです。それは、相手の話を聴くことで初めて知ることが出来ますよね。

しかし、多くの人がやってしまう失敗が反論です。

突然、別居を切り出されて、つい動揺してしまい「そんなの認められない!」とか「絶対に別居などしない」のように、相手の意見を否定してしまうのです。

このように相手の詳しい話しを聴かずに、いきなり否定や反論を告げてしまうと、相手も「もっと厳しいことを言わないと、別居の事について話しを進められないぞ」などのように警戒態勢に入ってしまい状況が悪化します。
要点のまとめ
相手の離婚したい、別居したいなどの発言に対して否定すれば、相手が警戒態勢に入ります。そうなると、暴言も多くなりますよね。暴言が多くなると言うことは、結局、相手が感情的になり、どうして離婚や別居を望んでいるのかも把握できなくなっていくと言うことです。

相手の本音を知るにはココに注目!

離婚や別居を切り出された時は、まず「相手の話を聴く」。これが基本の対応です。そうすることで、相手の別居をしたいという気持ちや考えをより深く理解出来るからです。それを深く理解することは、今後、あなたが的確な対応をすると言うことにもつながっていきます。

ただ、相手の真意を理解するには、相手の言葉だけをしっかり聴いていても十分ではありません。

相手の話の内容だけでなく、しぐさや表情、そして声の調子といったものにも、話の内容と同等くらい注目する必要があります。

米国のコンサルタント、ゲアハード・グスワントナー氏は著書『The Art of Nonverbal Selling』の中で「30分の会話中、約800くらいの非言語メッセージを交換する」ということを述べています。

非言語メッセージというのは、先ほどお伝えしたような、しぐさや表情、身振り、手振り、声のトーンなどのことです。こう言ったものの中に、言葉からは読み取れない、意外な本音が隠されていることが多いのです。
相手の本音についての図解
例えば、相手は「価値観が合わないから別居したいのだ」と表面的に伝えていても、実は「好きな女性がいるので、早く離婚したいのだ」ということを本音では思っているのかも知れません。

あるいは「あなたはよくやってくれているけれど、自分は結婚不適合者だから離婚した方が良い」と伝えていても、実際には「あなたのことが嫌いなのだ」と本音では思っているのかも知れません。
離婚を迫ってきたときの発言

別居や離婚を迫ってきたときこそ真意を知るチャンス

離婚や別居を切り出すときは、相手も当然、ある程度緊張します。軽々しく「明日から別居しようよ」などと言ってくることは、あまり考えられないですよね。

しかし、そういう緊迫した場面こそ、相手の本音は出やすいものです。逆に言えば、離婚や別居を切り出された時は、相手の本音を知るチャンスでもあります。

そこで、相手の言葉だけに頼らず、観察する意識を持って下さい。

ここである実験を紹介します。

マサチューセッツ大学のJames A. Forrest博士は、「本当のことを話すスピーチ」をする人と、「嘘のスピーチ」をする人を用意し、男女66人にこのスピーチが嘘か本当かを見抜かせる実験を行いました。

論文
出典:psu.edu

すると、事前に「言葉だけでなく、相手の声のトーンやしぐさまで観察して」と注意を受けていたグループの人の方が、そうでないグループよりも遙かに相手の嘘を見抜くことが出来たという結果が得られました。

言葉の内容だけでなく、相手の様子全体を観察しようと意識して話しを聴くだけでも、相手の真意はより掴みやすくなるということです。

まとめ

離婚や別居を切り出された時、基本の対応はしっかり相手の話を聴くということです。そうする事によって、相手の真意を理解し、今後、より的確に相手に対応することが出来るからです。

しかし、相手の真意を理解するためには、言葉だけに頼ってはいけません。相手の様子にもしっかり目を配り、観察することが、今後、問題に対処していく際に大いに役立ちます。言葉以外に相手の本音が出てくることが多いからです。

また、「夫から離婚を切り出された場合の対処法」について、さらに詳しく解説したニュースレターもありますので、もしご興味があれば下記より無料登録して受け取ってください

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『離婚や別居を迫られたときの対処法』についての記事はどうでしたか?

別居を切り出されると、どうしても動揺してしまいますよね。今回の対処方法を参考にしてみてください。

さて、別居についての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、別居に関しての知識・対策方法について理解を深めて頂くことが出来ます。

別居中の気持ちの変化

感情の変化
別居になってしまうと、もう夫と顔を合せることもないので気持ちは変わらないのではないか?同居に戻そうとか、夫婦関係を修復しようという気持ちはなくなってしまうのではないか?と心配ではありませんか?しかし、実は夫の気持ちはどんどん変わっていくものです。その解説を下記の記事で詳しくしています。

参考ページ:別居は永遠には続かない

早く離婚して!急かされる理由とは?

離婚を急かされる
「早く離婚してくれ!」そのように離婚を迫られたり、急かされたりすることはありませんか?その理由と対策について詳しく解説します。「してはいけないこと」などにも言及していますので、離婚要求が激しいなら、早めに読んでみてください。

参考ページ:離婚を急かされる!どう対応すれば良い?