別居していると会う機会は必然的に少ない

別居をしているご主人とは、どうしても同居している人ほど顔を合せる機会はありません。多い場合は、別居していても週に数回夫が戻ってくるという場合もありますが、多くの人は「月1回か数ヶ月に1回程度」と言う人が多いと思います。中には年単位で顔を合せることもないと言う人もいますよね。

「会う機会が少ない = 夫婦関係を修復していく機会も少ない」

と言うことになり、それは長期間、関係が悪い状態が続いてしまうと言うことになります。なのでやはり「会う機会」は増やしていきたいものです。では具体的にどうやって別居中のご主人と会う機会を増やせば良いのでしょうか?今回はこの問題について詳しく解説していきます。

ご相談者様ご相談者様

確かに、夫と会う機会が少なくっていくと不安ですし、修復していく機会もないですよね…

夫婦関係の修復に最も重要なのは提案

別居している場合の非常に重要なアクションの1つは「提案する」というものです。例えば「学校行事に参加して欲しい」「子供との面会時間をとって上げて欲しい」「食事に行こう」など、様々な提案が出来ます。

このような提案を定期的に行っていくことが重要です。そうすることで「会う機会を増やす」ことが出来るからです。

もちろん、毎回、こちらが提案すればそれを承諾してくれるわけではありません。むしろ、承諾してくれる可能性の方が低いと思います。つまり、大半は断られると言う結果になりがちです。

しかし、それでも提案を続けていくことが大切です。

提案を続けていくことで、ご主人が数回に1回は承諾してくれるということもあるからです。承諾してくれれば、ご主人との共有時間を増やすことが出来ます。共有時間を増やすことが出来れば、別居をの解消に向けて一歩前進することも出来ます。

別居デモできる修復のための行動

このように、別居の解消や夫婦関係の修復には、提案が欠かせません。この提案をいかに承諾してもらいやすくするのか?というのが別居している人にとっての重要なテーマの1つなのですが、ともかく提案こそが「別居しているご主人との関係を縮める上で、最も大切な行動の1つ」になります。

関係修復の距離感を掴む

提案をすることで、行動につなげることができ、実際にご主人との夫婦関係を縮めていくことが出来ます。しかし提案をするのには他の理由もあります。

それは「ご主人との距離感を掴むことが出来る」というものです。例えば「食事に行こう」ならOKだけれど、「映画に行こう」だとNoということであれば、現在のご主人との関係性は「食事に行こう~映画に行こう」までの間にある、と言うことを掴むことが出来ます。

「ご主人との関係性が現在どの程度のものなのか?」あるいは「夫との修復は前進しているのだろうか?」ということを通常、目で見ることは出来ません。しかし、提案をすることである程度、関係性の距離感を掴むことが出来るのです。

このように、ご主人に提案をすることで、距離を掴むことが出来れば、今後の自分の行動をそれに合わせて進めることが出来ます。例えば、現在のご主人との距離感が「食事に行く~映画を観に行く」までの間であれば、次の提案で「旅行に行こう」と誘うのは明らかにハードルが高すぎますよね?

提案が夫婦関係に及ぼす効果

このように、ご主人との距離感を掴んでおくと、夫婦関係を修復していく上で何かと便利なのです。この距離感が掴めないと、次の行動をどうするのか?という判断が鈍ってしまうのです。なので、別居している場合は特に意識してこの提案するということを行ってみてください。

この提案をきちんと出来るようになると、別居しているご主人との距離感が掴め、益々今後のあなたの対応が的確に出来る…と言うことにつながります。

ただ、ここで「どうすれば承諾してもらいやすい提案ができるのか」「離婚寸前だけど、私の場合はどう提案できるのか?」など、いろいろ疑問があると思います。そこで、提案に関する、さらに詳しいノウハウについて下記の夫婦関係修復ニュースレターで公開しました。今なら無料登録できますので、今の内にご登録下さい。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。