夫からの激しい離婚要求

夫からの離婚要求が激しくて、急かされると言うことはありませんか?このような状態のことを離婚発作と呼んでいます。

毎日のように離婚といわれると、気分も滅入ってしまいますよね。そこで、今回はこの離婚発作が起こっている場合の対処方法について詳しくお伝えします。

ご相談者様ご相談者様

私も最近、連日、夫から離婚の話しをされてウンザリしています。いい加減、そういった話しをやめて欲しいのですがどう対応すれば良いですか?

離婚発作とは?

まず離婚発作というのは何か?ということから確認しておきます。これは、一定期間、連日のように離婚するように要求されたり、急かされたり、強引に事を運ぼうとされるようなことを言います。

例えば典型的なものとしては「離婚届を書いて」と、毎日のようにメール/Lineで連絡が来るというのはそうです。あるいは「離婚届を今日中に書かなければ、もう生活費も出さない。早く離婚しろ。自分は出て行く」というような強引事を進めようとしている場合などのことも離婚発作に該当します。
離婚発作の図解
では、このような離婚を急かしてくる理由というのは、何かあるのでしょうか?

離婚を急ぐ理由

離婚を急かしてきて、早く成立させようというのには、いくつかの理由が考えられますので、まずはそのことを整理しお伝えしたいと思います。

その1.浮気相手から離婚するよう迫られている

ご主人が浮気をしているなどのことがあり、その浮気相手から「早く離婚して欲しい」と急かされていることがあります。このような場合、言われるがままに、早く成立させようとしてくるときがあります。
離婚を急かされている状況の図解
浮気相手としては、早く離婚を成立させて、自分との結婚を急ぎたいということになります。

その2.家庭に居場所がない

家庭に居場所がなく、帰宅すること自体が苦痛に感じている場合があります。多くの場合、帰宅する時間が遅くなっていたり、休日も仕事と言って、自宅にいないなどのことが前兆としてあることが多いです。
家庭に居場所がないの図解
家庭に居場所がないので、最初は対処療法的(とりあえずの対応)に、自宅で過ごす時間を短くするのですが、それも苦痛になってきて「早く離婚して欲しい」と伝えてくることがあります。

その3.再婚相手を見つけたい

出会い系アプリなどを利用していたり、既に再婚相手にしたい人がいるが、今、付き合ったりすると不倫と言うことになってしまうので、そのリスクは負いたくない。だけど、再婚したいと思っている場合、「早く自由に恋愛がしたい」などの理由で、離婚を急かしてくる事があります。
再婚相手を見つけたいの図解

その4.友人や同僚にのせられている

会社の同僚の多くが離婚経験者である。あるいは友人が離婚について興味本位であおっているということがあります。このような場合「お前が離婚をしたいのはもっともだ!早く離婚した方が良い」などのように言われて、仲間内で盛り上がり、本人も「よし離婚してやる!」とその気になっているということがあります。
周囲から乗せられている図解

その5.義理両親が要望している

あなたと義理両親の関係が悪いとか、元々結婚に反対されていた、義理両親の性格がけっこう偏屈だなど、いろいろな状況はありますが、義理両親が離婚を推し進めているということも多々あります。これは、夫が「義理両親と、頻繁にメール/Lineなどでやりとりしている」とか「実家にちょくちょく帰っている」などのことがあると、この可能性が高いです。
義理両親が離婚要望をしている図解
以上、離婚を急ぐ代表的な理由を5つお伝えしてきました。次は、こういった離婚を急かしてくる状況に対して、自分はどのような姿勢で臨めば良いのか?ということについてお伝えします。

どのような姿勢で臨むか

もちろん、具体的な対応はケースバイケースなのですが、まずはこちらの姿勢が大切です。強引に事を進めようとする、ご主人のペースには巻き込まれないようにしていきましょう。

むしろ、こちらは逆に「大切なことだから、じっくり時間をかけて進めていきたいと思っている」というような姿勢で臨むことが大切です。そのようなことを表立って発言するのはまずいですが、姿勢としてはその対応で臨むくらいで丁度良いです。

というのも、話し合いは、たいてい焦っている方が最終的には立場が弱くなっていきます。離婚のことについて話しをするときもそうです。焦っているほど、態度は悪くなりがちですが、話の筋も通らないので立場が弱くなります。

離婚を急かされた時してはいけないこと

相手が離婚を急かしてくるような場面で1番してはいけないことの1つは議論です。相手の離婚に対しての考えを改めさせようと思って、議論して説得するような姿勢をとると、通常、状況は悪化します。

ノーザンイリノイ大学のBrad J. Sagarinらの研究で、人がどういうときに自分の意見に固執するのかを調べているものがあります。


出典:AmericanPsychologicalAssociation

自分の意見に固執するというのは例えば、相手が「離婚する」という意見に固執するのはどういうときか?ということです。

この研究結果では、こちらが操作的な説得をしようとしたとき(何か裏で工作しているような対応)や、脅しのように伝えること(離婚を進めるのであれば、二度と子供にも合わせない的なフレーズ)、反論的意見を伝えるときなどをあげています。

つまり、「離婚する」と伝えてくる相手に「離婚などしない」と反論を伝えれば伝えるほど、通常、相手は「より離婚に固執する」ということです。

まとめ

相手から、離婚を急かされたときの姿勢としては「大切なことだからじっくり対応したい」のように進めていくことが肝心です。また、離婚発作が起こると、つい議論して相手を説得したくなりますが、これをしてはいけません。

通常、このような対応は関係性を著しく悪化させる上、効果もほとんどありません。逆に言えば、相手が離婚を急かしてくるような場面では、議論を避ける形で対応することが重要です。

このあたりの詳しい内容については下記のニュースレターでお伝えしていますので、今の内に無料登録しておいてください。

ブログより詳しい情報はこちら

ブログではお伝えできないなかった、具体的なノウハウや事例などが満載の「ニュースレター」に無料登録していただけます。下記に普段お使いのメールアドレスをご入力ください。1分以内に別居解消や夫婦関係の修復に役立つニュースレターをお届けいたします。

関連記事

さて、今回の『離婚を急かされる!どう対応すれば良い?』についての記事はどうでしたか?

離婚を急かしてくる理由は様々ですが、対応の原則は今回お伝えした通りシンプルです。

もちろん、細かいことを言えば、対処すべき事はたくさんあるのですが、今回お伝えしたことをまずはしっかり頭に入れておいてください。

さて、離婚問題についての関連記事をご紹介します。併せて読んで頂くことで、対処方法などについて知識を深めて頂くことが出来ます。

離婚回避のための話し合い

離婚のための話し合い
一時的に、離婚を急かされたものの、少し時間が経過し、相手も落ち着いてきたら次はどう対応すれば良いでしょうか?その答えの1つは、話し合いをすることです。しかし、具体的に銅話し合いをすれば良いのか分からないですよね?そこで、少し難しいですが話し合いの秘訣をたくさん紹介している下記のページを参考にしてみてください。

参考ページ:離婚回避したい!話し合いで結果を出す

一方的に離婚・別居を切り出された

一方的な離婚や別居の要求
一方的に離婚や別居を切り出されると、ショックも大きいですよね?しかし、そのタイミングは相手の真意を知るための絶好の機会でもあるのです。だからこそ、その瞬間の対応が肝心。そこで、具体的にどんなところに注意して対処すれば良いのか詳しく解説しました。下記の記事を確認してみてください。

参考ページ:離婚や別居を迫られたときの対処法

考え直してもらう

考え直す
夫の「離婚したい」という気持ちをどう考え直してもらうのか?そのメッセージの作り方について詳しく解説します。どうメッセージを伝えるのか?それが相手の考えの変化に影響を及ぼします。詳細は下記より。

参考ページ:離婚を考え直してもらうメッセージ